シミを消すために皮膚科へ行ったら「肝斑ですね」と言われたら【治療内容】

シミを消すレーザー治療 美容・ダイエット

シミが気になっていませんか?

シミを消したいと思っていませんか?

そして、あなたのシミは「本当に”シミ”なのでしょうか?」

メイクではもう隠せないシミを見つけたけど、その周りにも薄いシミみたいなものが広がっている様な気がする。

それ、シミじゃなく肝斑かもしれませんよ!

シミを消すために皮膚科へ行ったら「肝斑」と診断される可能性が高い!

シミだと自己判断して皮膚科へ行くと、

「肝斑」と診断されることが圧倒的に多いって知ってましたか?

皮膚科医から聞いた話だと

「モヤっとしたシミのようなものは、ほぼ”肝斑”と思っていい」ということでした。

自己判断でシミだから部分的にレーザーで取ればOK♪と思っていたのですが、肝斑だと1回で終わることはないし治療に時間がかかります。

その治療内容を簡単に説明します。

内服薬&レーザートーニング5回の現実

肝斑の場合は、ただのシミと違って少々時間がかかります。

内服薬3種類とレーザートーニング5回受けるというのが現実的な施術方法です。

かかる日数は総合的に考えると2,3ヶ月というところでしょうか。

ここで肝斑がキレイになくならずにシミが残れば、それは肝斑ではなく”シミ”の可能性が非常に高くなる。
その後の施術方法を先生と相談して、シミ取りレーザーを受けるかどうかを含め次の施術の話に入ります。

肝斑だとだいたい5回のレーザートーニングでかなりキレイになると説明を受けました。

シミを消す”レーザー治療”

ただのシミの場合は「シミ取りレーザー」を1回すればだいたい完了します。

詳しく説明すると内服薬やレーザーを当てたところに絆創膏を貼るなどしなければいけませんが、施術という点を考えるとシミ取りレーザー1回で終了と考えていいです。

ただのシミだと他にも選択肢があって、

「フォトRE+ケミカルピーリング+イオン導入+内服薬」
「ウルトラ美白レーザー+ケミカルピーリング+イオン導入+内服薬」

上記の2つはダウンタイムがない方法になります。

(※ダウンタイムとは、施術してから回復するまでの期間のことを言う)

そして肝斑の施術についても少し詳しくお話ししておきます。

肝斑の場合は、「内服薬3種類とレーザートーニング+イオン導入」の3つで攻めます。

このレーザートーニングは5回するのが理想です。
それに伴って、イオン導入も一緒にやった方が良いです。

1回目~3回目くらいまでは1週間毎にレーザートーニング+イオン導入をした方が良い。

内服薬は、3種類のものを毎日飲んでおくことが大前提です。

人によりますが、4回目、5回目のレーザートーニングは1ヶ月毎になる可能性も高い。
施術中に肌を見て、先生と相談の上の判断となります。

その間、ずっと内服薬は飲み続けます。

シミだと思っていたら、肝斑だったという人が多いので自己判断せずに皮膚科でしっかりカウンセリングを受け、施術の相談をしましょう。

シミは医者に判断してもらう方が良いと思ったのは、

シミではなく肝斑だった場合、シミ取りレーザーをすると肝斑がウワっと表面に出てくる場合が多々ある。
なので、肝斑だと診断された場合はシミ取りレーザーではなく肝斑治療を先にする。

肝斑治療してもまたハッキリとしたシミが残った場合は、その後の治療を先生と相談していく。

シミ取りレーザーをしてキレイな肌になろうと思っていたのに、肝斑を無視してレーザー当てて肝斑が酷くなった!なんてことになったら悲惨です。

ということで、レーザーを当てる場合は皮膚科医としっかり相談して、自分の肌の現状を把握する事です。

シミなのか?肝斑なのか?

この違いは凄く大きい!

シミを消す方法!自宅で出来る8つのこと

皮膚科や美容外科クリニックへ行かずシミを消す方法ってあるのか?

自宅で出来ることはないのか?と調べてみました。

キレイに消すにはレーザー治療をしないと無理ですが、時間がかかるけど”改善”なら何とかなりそう。

あくまでも改善と予防の観点からじゃないとシミの自宅ケアは出来ませんが…

1.メイクをしっかり落とす

2.毎日しっかり保湿ケアをする

3.日焼け止めを塗って紫外線対策を万全にする

4.ビタミンC誘導体の美容液や化粧水を使う

5.ビタミンC誘導体はイオン導入の美顔器を使う

6.ホットタオルをする

7.肌に摩擦を与えない

8.内服薬を飲む

上記の8つが、自宅でできるシミ改善方法と予防方法になります。

かなり大変で、毎日やるとなると手間がかかるのです。

この手間を毎日かけられないから、皮膚科や美容外科クリニックでシミ取りレーザーを受ける方が多いんですよね。

一つ注意点があります。

シミ取りレーザーをしても再発します。

えっ?と思いますよね。

シミ予防の為に手間をかけなければシミは再発します。

紫外線対策は万全にしなくちゃいけないし、肌に摩擦を与えることもやっちゃダメです。

保湿だってしっかりしないといけないし、内服薬も飲んだ方が良い。

シミ取りレーザーした後は、一応シミがなくなっているのでキレイな状態から自宅ケアスタート。

だから、8つのケアを全て毎日しなくても大丈夫です。

手間もかからないくらいの軽いケアでOKですが、予防の観点から新しいシミを作らないためにも自宅ケアは必須になります。

シミを消す薬は市販されているものでもOKなの?

皮膚科へ行ってシミ・肝斑の施術の際に頂く内服薬の内容を見ると、市販されているものでも代用できそうです。

▼皮膚科でもらった内服薬

・シナール配合錠
アスコルビン酸、パントテン酸Ca(ビタミンB5、Cが含まれている)

・トランサミン錠
トラネキサム酸(炎症やアレルギーによる症状に作用する)

・ユベラ錠
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンEが含まれている)

この3つが全て配合されている薬やサプリ、個々でこの3つを薬で摂取するのが理想です。

個人的には皮膚科でシミについて話して診断してもらい、
健康保険を使ってで薬を処方してもらった方が安上がりだなというのが正直な感想です。

肝斑になった場合の治療まとめ

シミという判断で皮膚科や美容外科クリニックへ行っても”肝斑”と判断されることが多い。

その為、自己判断で施術してもらわない方が良い。

なぜなら、シミだと思ってシミ取りレーザーを施術した場合、肝斑がウワっと表面化する事例が沢山ある。

ですので、肝斑と診断された場合は肝斑治療から入ります。

5回のレーザートーニングとイオン導入、内服薬を毎日飲むこと。

施術のコースがすべて終了してもシミが残っている場合は、シミ取りレーザーを使って取るのが通例。

ただし、皮膚科医との相談の元でシミ治療を行う。