黄ぐすみを解消する為にサプリを取入れる!体内から糖化とカルボニル化を改善

黄ぐすみ解消のサプリ 美容・ダイエット

美白化粧品を使っているのに、肌が黄ぐすみしちゃう…なんて思っていませんか?

黄ぐすみは肌全体が黄色や茶色がかって見えるのが特徴です。

乾燥が第一原因で起こる一般的な”くすみ”とは、原因や症状が異なります。

従って、対策が異なってきます。

黄ぐすみを防ぐためには食生活の改善が必須になるのですが、忙しい女性は継続できない可能性が高い。
継続できないと改善も出来ないので、手軽に摂りいれられる「黄ぐすみを解消してくれるサプリメント」を紹介していきます。

黄ぐすみを解消するために取入れてほしい成分

・ビタミンC
・ビタミンE
・アスタキサンチン
・アントシアニン
・フラーレン
・ルテイン

これらの成分は、黄ぐすみの原因でもある「活性酸素」から肌細胞を守ってくれます。
どれも強い抗酸化作用を持っているので、是非取り入れてほしい成分です。

黄ぐすみの原因は2つ!「糖化」と「カルボニル化」

黄ぐすみには原因が2つあります。

それは「糖化」と「カルボニル化」です。

何のこと?と思われるかもしれませんので、一つずつ簡単に説明しておきます。

糖化の原因

糖化とは、「体の焦げ」とも呼ばれています。

食事などから摂った余分な糖質が体内のタンパク質と結びついて、細胞を劣化させる現象です。

糖化によって肌の弾力の為に必須なコラーゲン線維が破壊されると、肌はハリを失ってしまいます。
また、糖化によって生み出された老廃物が皮膚細胞に沈着すると、シミやくすみとなります。

髪のハリや艶がなくなるのも髪の毛のタンパク質が糖化することで起こってしまいます。

糖化とは、いつまでも若々しさを保ちたいと願って頑張っている女性にとって大敵なのです。

カルボニル化の原因

長年浴びている紫外線によるメラニンの黒化や色素沈着、血行不良にによって黄ぐすみが起こります。

これに加えて、真皮層まで黄色く変色して濃くなっていくのですが、これは糖化と違ってタンパク質と結合するのが死亡の分解物であること。
これがカルボニル化の原因です。

カルボニル化が進むと糖化よりも強い黄ぐすみになります。

タンパク質と糖が結合することの糖化よりも
タンパク質と脂肪の分解物と結合したカルボニル化の方が強烈であることが分かりますね。

40代以降になると、カルボニル化したタンパク質が多くなることが分かっているので意識的に対策してください。

黄ぐすみを体の内側からサプリでケアしていこう!

黄ぐすみの原因が分かったところで、次は対策になります。

どうあってケアすればよいのか?というと、体の内側からのケアは必須だということ。

体内でタンパク質と糖が結合→糖化
体内でタンパク質と脂肪の分解質が結合→カルボニル化

ということは、摂取するものに気を配る必要性が出て来ます。

具体的にどんなサプリメントを選べばいいのか?

ポイントを具体的にまとめてみました。

▼抗糖化成分
・カモミール
・桜の花エキス
・ドクダミ
・ヨモギ
・バラエキス

▼抗カルボニル化出来る
・ビタミンA
・ビタミンE
・オリーブの葉エキス
・ビタミンB1
・カロテノイド

▼紫外線対策が出来る
・ニュートロックスサン
・紫外線が強い地域で取れた植物や果物の成分が配合されているもの
(※トマト、さつまいも、ブロッコリー、ザクロ、ブラックシード、カカオ70%以上のチョコ、ココナッツオイル、アーモンド等)

様々なサプリメントを探してみた結果…

飲む日焼け止めとして有名な「ニュートロックスサン」という成分は外せない。

ニュートロックスサンとは、地中海で採れた柑橘類とローズマリーエキスを合わせた成分です。
働きとしては、紫外線カット・紫外線ダメージから守る効果があるとされています。

ニュートロックスサンに加え、桜の花エキス、ビタミンEが配合してあるサプリメントはホワイトヴェールしか見当たらなかったんです。

試してみたいという方は、「ホワイトヴェール」について記事にしているので呼んでみてください。

コチラになります。
↓↓↓
ホワイトヴェール 飲む日焼け止めで美白に!?その効果を暴露
ホワイトヴェール 飲む日焼け止めで美白になるって本当なのか?そのメカニズムや効果を徹底的に調べてみました!ホワイトヴェールの飲む日焼け止めは日焼けを嫌うけど面倒くさがりの人に愛される理由があったんです!

まとめ

黄ぐすみについて原因と対策を知って、いかがでしたか?

ただのくすみと思っていたら、実は「黄ぐすみ」だったかもしれません。

甘いものが好き、揚げ物が好き、この2つを良く食べる方は要注意です。
また、40代以上の方は糖化・カルボニル化の可能性が高くなるので、生活習慣と食生活には気をつけましょう。

お肌がコゲたような色になってしまうと、ファンデーションやコントロールカラーで隠すのも大変になります。
また、紫外線は大敵なので必ず対策してくださいね!