そのシャンプー危険じゃない?市販のシャンプーが怖い理由

シャンプーおすすめ,抜け毛 美容・ダイエット

自分に降りかかってわかる髪と頭皮のトラブル。
そして髪と頭皮の老化現象・・・髪の毛も老化するんだと愕然とする。

自分で実感する髪の毛の老化は、抜け毛の増加・髪の細さ・うねり・フケの増加。
スタイリングが決まらないなと思ったら、髪と頭皮の老化を疑ってみましょう。

髪と頭皮の老化はシャンプーを替えることでかなりの変化をもたらすことができる。
あなたが使っているシャンプーは実は危険だったのかもしれない。




市販のシャンプーが怖い

シャンプーおすすめ,抜け毛

 

市販のシャンプーで手に取るものは、テレビやネットのCMで刷り込まれたもの。
綺麗なモデルさんを起用して、いかにも良さそうなイメージが頭に残っている。

本当に大丈夫かなと思いながらも、香りの良さと洗い上がりに満足して
使い続けてしまう市販のお手頃で安いシャンプー。

そのお手頃シャンプーには、今流行りのアミノ酸型洗浄剤ではなく、
材料費がアミノ酸型洗浄剤よりも10分の1で作れるラウレス硫酸Naを使ってあることが多い

なぜラウレス硫酸Naを使うのか?
それは材料費が10倍高いアミノ酸系洗剤を使うより安く上がるから
売り手側からすれば、製造費が安く上がれば利益率が上がります。

シャンプーの容器には必ず全成分を表記しなければならないようになってます。
その理由は、
消費者であるこちら側が自己責任で選ばなければならないからです。

商品が溢れている近年においては、
消費者は危ない成分を自分で見分けて選ばなければいけない時代になりました

面倒だけどシャンプーの成分を知ることで、
避けるべき成分、比較的安全な成分を見分けることができるようになります。

 

シャンプーの中身

シャンプーおすすめ,抜け毛

シャンプーの成分ってどんな割合になっているのかな?

私たちの手元に届くときには出来上がった状態であり、
成分表を見ても何が入っているかは理解できても、要素の割合は想像できませんね。

大まかに言って、ほとんどのシャンプーの成分のうち

「水」が、約50%~70%を占める。

「界面活性剤」が約30%~40%を占める。

この界面活性剤の素材によってシャンプーの性格が決まるということでした。

界面活性剤が

”ラウリル硫酸Na”なのか、

”ラウレス硫酸Na”なのか、

”石鹸”なのか、

”アミノ酸系洗浄剤”なのか、

シャンプーの品質の8割以上はこの界面活性剤によって決まるといっても過言ではないということ。




シャンプーで悪い成分とは?

シャンプーで悪い成分といえば、よく言われているのが”ラウレス硫酸Na”

ただ”ラウレス硫酸Na”だから悪いというのは具体的な答えにはなっておらず、
成分自体の性質と濃度という立場も踏まえて判断しなければなりません。

同じラウレス硫酸Naでも濃度が違えば髪や頭皮に与える影響や役割は異なってきます。

一ついえることは、
分子が小さく、浸透して悪影響を与えてしまう成分も良くない

ではラウリル硫酸Naはどうでしょう。

ラウリル硫酸Naは1つ1つがとても小さい分子なんです。
なので頭皮の毛穴や肌、髪の隙間からある程度浸透して、
かなりの量を洗い落とす非常に強い脱脂力を持っています。

この浸透性が刺激になります。

配合されている量・濃度によっては、頭皮・髪に対して
非常に悪い成分になる可能性を秘めているということになります。

シャンプーで悪い成分と言えばもう一つ。

「アルカリ性」

肌は弱酸性を最も好みます

”好む”というのは、肌はバリアとしてセラミドを創りだす性質があります。

肌に必要なセラミドが弱酸性領域でないと産出されない、
ということが分かっています。

肌の環境、頭皮の環境も弱酸性領域にする必要があるのに、
アルカリ性の商品を使用した場合、肌が自分の中和能で弱酸性に戻せるまで
約4時間かかると言われているそうです。

ということは、その間はセラミドが逆に流出してしまうため、
肌は敏感肌の状態に長くさらされているということです。

聞けば聞くほどアルカリ性に傾くことが”危険!!”と思ってしまうのは
私だけではないはずです。

ちなみに髪においては、アルカリ性はキューティクルを開く作用があります。
この性質を使ってパーマは髪の形状を変えることができる。

できる限り避けなければいけない成分
ラウリル硫酸Na」「アルカリ性」ということになります。

 

シャンプーを選ぶ際にどうすればいい?

色々と説明したけど、シャンプーを選ぶ際にどうすればいいのか?

私はラウリル硫酸Naとアルカリ性は必ず避けます

市販で安すぎるものも使いません。
大々的に広告しているものも使いません。

なぜなら、材料費がアミノ酸型洗浄剤よりも10分の1で作れるラウレス硫酸Naを使っているから
高い広告料を出しているのだろうし、それでも大量に購入してくれる消費者がいるから
儲けがでるのであろうと想像できるからです。

安いシャンプーを使い続けた結果、
年齢を重ねるごとにその時のツケが表面に出てきます。

例えば、抜け毛がひどくなってきた、フケが大量に出始めた、髪がうねるようになった。

気づいたときには髪にボリュームもなくなってきていたので、
これはシャンプーが原因だろうと調べ始めたら怖い結果になりました。

市販で安いシャンプー、ラウリル硫酸Naが配合されているものは絶対に選びません。
いや、怖くて選べません

【関連】白髪を治す!白髪を予防するならこれしかない!
【関連】シャンプー解析サイトで高評価のシャンプーを体験

 

まとめ

シャンプーの成分表を見ても分からないでしょう。
きっとそうだと思います。

私が参考にしているサイトがあります。
それは「シャンプー解析ドットコム」です。

参考程度ですが、知らないことがたくさんありますね。
使いたいと思ったシャンプーに関してはこちらを参考にさせてもらってます。

毎日使うものだから、髪と頭皮に優しいシャンプーを使って欲しいです。
できれば髪に年齢を感じる前から使って欲しいな♪