30代からのクセ毛・うねり髪で悩む!その原因と対策について

クセ毛,うねり髪,クセ毛 原因 美容・ダイエット

くせ毛というのは、うねりがある状態を世間では一括りにしているのですが、うねりが出る原因は1つではない。
先天的なものもありますし、後天的なものもあり、様々です。ここでは髪がうねる原因と対策について解説していきます。

30代からクセ毛・うねり髪になるのはなぜ?

クセ毛,うねり髪,クセ毛 原因  

【原因1】頭皮の毛穴・毛根のゆがみからうねりが出る

毛穴のゆがみによって、髪にうねりが生じてきます。直毛は髪が円形なのに対して、くせ毛は楕円形になることがあります。
毛根がゆがんでいると髪が生えてくる時にうねりのある髪になるのです。

【原因2】コルテックス(皮質)の乱れでうねりが出る

あまり聞きなれない言葉の「コルテックス(皮質)」とは、髪の構造でも2番目の層を言います。
表面から順に、キューティクル・コルテックス・メジュラの3つのそうで構成されているのが髪です。

このコルテックスは、髪の85%~95%を占めるとても大切な部分で、髪のしなやかさや強さを生み出すもとになっています。
コルテックスには2種類存在して、このバランスが50:50の場合、髪は直毛となります。
逆にこの2つのバランスが乱れてしまうと、髪が乾くとくせ毛が出る、また髪が濡れるとくせが出てしまう。

【原因3】遺伝によりうねりが出る

くせ毛は優性遺伝ですので、親から子へと受け継がれます。

【原因4】頭皮の毛穴が転活艶汚れによって詰まる

シャンプーを毎日しているから、頭皮が清潔で毛穴のつまりはないはず!と思っていませんか?シャンプーやトリートメントに含まれている添加物によって、うねりが出ることがあります。
洗浄力の強い石油系や石鹸系のシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまうため、頭皮が過剰に皮脂を分泌するようになります。
頭皮を清潔に保つように心がけることはもちろん、ヘアケア製品を使用する場合は、無添加のものにしましょう。

【原因5】過激なダイエットをする

過激なダイエットを行うことで頭皮への栄養が不足し、血行不良になりデコボコの髪になります。
ダイエットをする場合は、食べないダイエットではなく体を動かすことで消費カロリーを上げましょう。バランスの良い食事は、髪だけでなく爪、肌など様々な場所へ影響を及ぼします。

現に、ダイエットをすると髪は細くなり、リバウンドすると髪も太るのです。

【原因6】頭皮のアルカリ性化がうねりを引き起こす

人間の体は体内は弱アルカリ、皮膚は弱酸性とする事で、老廃物を外へ出します。
アルカリ性のシャンプーやトリートメントを使用することで、頭皮がアルカリ性に傾き、老廃物が出にくくなります。そして、髪を圧迫しくせ毛になる場合があるのです。

最近では、シャンプーでも弱酸性のものが目立ってきましたが、極端に安い市販のものは選ばないようにして、無添加のもの、弱酸性のものを選ぶように心がけましょう。

 

くせ毛・うねり髪の対策 - 自宅でできること

クセ毛,うねり髪,クセ毛 原因
ちょっとした手間をかけることで、そしてくせ毛やうねり毛の悪化を防ぎ、改善へ導くことができます。

ブラッシングをする際は、摩擦に気をつける!

クセ毛,うねり髪,クセ毛 原因
くせ毛のケアは、摩擦を最小限に抑えることが大切です。特にブラッシングの際は、ブラッシング用のローションを使ったりして、摩擦から髪を守ってください。
髪にクセが強い方は、毛先をほぐしてから、次に真ん中辺りからブラッシングして、最後に頭皮のトップから毛先までブラッシングすると、ブラッシング途中で髪の毛が絡まることがありません。

【関連】ツヤ髪・美髪にはかかせない!口コミで評価が高いヘアブラシ体験談

 

濡れた髪のまま眠らない!髪は乾かしましょう。

クセ毛,うねり髪,クセ毛 原因
濡れた髪はとても弱く繊細な状態です。この髪が濡れた状態で寝返りを打つと摩擦が起き、頭の重みによる圧迫などで簡単に傷んでしまいます。
またドライヤーの熱を当てすぎるといけないということが言われていますが、それよりも自然乾燥の方が頭皮環境に悪いので、低温かドライヤーから距離を離してじっくり髪を乾かしていきましょう。
自然乾燥した髪は、うねりのある状態でクセづいてしまうため、スタイリングも大変になります。

 

トリートメントを念入りにする!

クセ毛,うねり髪,クセ毛 原因
くせ毛やうねり毛は、曲がっている部分のキューティクルがはがれやすい状態になっています。髪に皮膜を作るために、ヘアクリーム、ヘアオイル、トリートメントなどで保湿してあげると髪が落ち着きます。

 

頭皮を健康に保つこと!

クセ毛,うねり髪,クセ毛 原因
くせ毛は髪自体に問題があると思われがちですが、実は毛包が曲がっていることが大きな原因です。

対策としては、頭皮を柔らかく健康に保つことで、曲がった毛包がまっすぐに戻り、くせが弱まることがあります。ツボ押しや頭皮マッサージなどで、やわらかい頭皮環境を作りましょう。

また、過度なダイエットなどで栄養が毛母細胞に行き渡らないことが原因で、髪の毛が細くなり、くせ毛のようにうねってしまうこともあります。食は基本ですから、バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。

 

うねりを強くするヘアケア製品を使用しないこと!

クセ毛,うねり髪,クセ毛 原因
うねりを強くするヘアケア製品と言われても分からない...と思うかもしれません。これは、コーティング剤や添加物の入っているシャンプーやトリートメントのことを指します。
うねりだけでなく抜け毛の原因にもなりますので、シャンプーを変えてからうねりが強くなった、抜け毛が増えたかも...と心当たりがあれば、無添加のシャンプーを試してください。

市販の安いシャンプーやトリートメントは、例えノンシリコンシャンプーと書いてあっても成分が安いものしか使っていないのです。ましてやCMなど広告費にお金を使っている商品は間違いなく材料費が安いはず。
安価に製造できる分、洗浄力が強すぎるので、皮脂を必要以上に取り除いてしまい、その皮脂をカバーしようと過剰に皮脂分泌するようになり、毛穴が詰まりやすくなります。
 
【PR】髪が早く伸びるシャンプーを最安値で購入する方法|アスロング

 

最後に...

いかがだったでしょうか。髪の毛のクセやうねりは、遺伝的なものはあるにしても、自分にも原因があることがわかっていただけたと思います。
顔と頭皮は一枚でつながった皮膚ですから、顔のケアをするように頭皮のケアも手を抜かずやってあげないといけないですね。

マッサージや頭皮に使うものも負担がかからないものを選んであげること、少しだけ手をかけることで改善していくということが分かりました。
また表面だけでなく、体の中からのケアも大切ということが分かりました。日頃から食べるものもバランスの良い食事を摂り、過激なダイエットをしないように心がけましょう。