女性必見!あそこのニオイを気にせず彼との時間が盛り上がる方法

デリケートゾーン せっけん,ジャムウ石鹸,デリケートゾーンの臭い 美容・ダイエット

彼との時間を過ごすのに、あそこの臭い、デリケートゾーンが臭ってないか気になりませんか?
密かに気になっているという声にお答えして、あそこの臭いを消す方法をご紹介します。

誰にも聞けない!あそこの臭いの悩みありませんか?

デリケートゾーン せっけん,ジャムウ石鹸,デリケートゾーンの臭い
・おりものが多くてニオイも気になる

・彼とのお泊りの時、アソコのニオイが超気になって集中できない

・デリケートゾーンのケア方法が分からない

・実はワキのニオイも気になる

 

あなたが気になっているほど、彼は気になっていないかもしれない。 あなたは気にしてないけど、彼は気になっているかもしれない。

自分が感じているニオイが、周りにはどう感じられているのか不安になる方も多いということ。 しかしデリケートゾーンの悩みは、例え同性であっても言い出すことができないので、解決方法が見いだせないで毎日モヤモヤしてしまう。

 

ニオイの原因と特徴

 

すそわきがによるニオイ

デリケートゾーンが臭う大きな原因のひとつに「すそわきが」があります。名前のとおり、わきがの一種で、デリケートゾーンからニオイが発生するものです。
主な原因は、アポクリン汗腺から出る汗です。この汗と皮脂腺から分泌される脂肪酸が混ざり、それを細菌が分解することでニオイが発生してしまうというもの。

 

雑菌によるニオイ

尿やおりものなどを栄養に雑菌が繁殖することで、ニオイが発生するのが”雑菌によるニオイ”です。
雑菌は高温多湿の環境で増えやすくなりますので、ナプキンなどの温かく湿った環境は、雑菌が最も繁殖しやすいと言えます。

 

女性特有の病気によるニオイ

産婦人科系の病気からくるニオイもあります。急にニオイが強くなるのと合わせて、おりものの量がいつもより増えたり、色が変わったりしたら注意が必要です。
全てに当てはまるわけではありませんが、例えば、「子宮頸がん」「子宮内膜症」「淋病(りんびょう)」「細菌性膣炎(さいきんせいちつえん)」「トリコモナス膣炎」などの可能性があります。
異変に気づいたら、恥ずかしいと迷ってないで、専門の医院で診察を受けることをおすすめします。最近は、産婦人科系で女医さんも多くいらっしゃいますのでまずは電話で問い合わせをしてみましょう。

 

ニオイが気になっているのはあなただけじゃない!

デリケートゾーン せっけん,ジャムウ石鹸,デリケートゾーンの臭い
恋愛を頑張りたい!でも実は「ニオイ&黒ずみ」がとても気になるの...

恋愛を楽しみたい女性の嘆きは、あなただけじゃないんです!

おりものがが多くて、”もう仕方ないのかな...”と半ば諦めて、臭ケアをするわけでもなく放置状態の人も多く、どうやって対処していいかわからないというのです。香水などの香りでごまかしているという人もいましたが、これって根本的な解決になってないですよね!

どんなにいい香りを上から重ねても、根本のニオイの元を絶たないと解決されたことにはならないのです。

 

デリケートゾーンのニオイの対処法

デリケートゾーン せっけん,ジャムウ石鹸,デリケートゾーンの臭い
ニオイを防ぐには、デリケートゾーンを常に清潔に保つことが大切です。シャワーを頻繁に使って洗い流すという方もいるかもしれませんが、水で洗い流すだけでは汚れや垢はとれません。体を洗う際には、恥垢(ちこう)や汚れが溜まりやすい大陰唇、小陰唇の溝までしっかり洗いましょうここはとても皮膚が薄くデリケートな部位なので、ゴシゴシ洗いをしないで、石鹸をたっぷり泡だてて、指の腹でやさしく丁寧に洗うようにしましょう

またニオイが気になるからといって洗浄力が強すぎる石鹸などを使うと皮膚を守る菌まで洗い流してしまい、ニオイの原因になる雑菌が繁殖しやすくなります。低刺激のデリケートゾーン用の石鹸を使用して、洗い過ぎないように注意しましょう。

デリケートゾーンを生活に保つことが気になるニオイを防ぐ大切なポイントとなります。低刺激のデリケートゾーン専用の石鹸を探しているのであれば、「ジャムウ・ハーバルソープ」は、独自のハーブを用いているのでオススメです。

 

デリケートゾーン せっけん,ジャムウ石鹸,デリケートゾーンの臭い

 

ジャムウ・ハーバルソープをオススメする6つの理由

 

日本人肌用に作られたものであること

オリジナル配合を追求し、繊細な肌の日本人に合わせた成分を配合して作られた石鹸です。
日本女性が抱える悩みに特化して作られており、ワキや足の臭い、バストトップの黒ずみの元などの悩みも解決します。

 

ハンドメイドで丁寧につくられていること

ジャムウとは、インドネシアで販売されているものですが、そのまま日本人が利用すると肌に合わないことがあります。
生活習慣や気候なども違い、そのままでは不十分なため、単なる輸入品ではなく、日本で配合決定をし、日本人に合わせた品質のものを作ってあります。

 

自然由来の素材を使用していること

パーム油、甘草、カミツレ油、アロエ、オタネニンジンなどの植物エキス成分をギュッ!と凝縮した石けん。 インドネシアの各家庭で受け継がれてきたハーブ等の天然素材を調合する製造方法をもとにして作られました。

 

肌に低刺激であること

無着色・無香料・防腐剤不使用・安定剤不使用・アルカリ性・パラベンフリー・石油界面活性剤不使用で、植物のもつ自然なチカラで悩みを解消してくれる。

 

全身に使えること

「ジャムウ・ハーバルソープ」は、全身どこにでも使えます。パーツごとの様々な悩みも解決する石鹸です。

ジャムウソープでどこを洗っていますか?というアンケート結果によると、以下のようになりました。

デリケートゾーン せっけん,ジャムウ石鹸,デリケートゾーンの臭い
圧倒的にデリケートゾーンがと思ったら、乳首に使っている方も多い。ジャムウソープは黒ずみにも効果が高いので、乳首使う方も多いということです。またワキなどニオイが気になるところに使う人も多いですね。

 

ニオイだけでなく黒ずみも解消してくれること

乳首の黒ずみやデリケートゾーンなど下着がすれたり、脱毛して黒ずみが発生したところにもジャムウソープは効果を発揮します。

 

デリケートゾーンのニオイ&黒ずみが消えたら...

デリケートゾーン せっけん,ジャムウ石鹸,デリケートゾーンの臭い
・あの独特のニオイが気にならなくなって、気分が良くなる♪

・彼との時間を満喫できるようになる♪

・黒ずみが薄くなってチェックするのが楽しみになる♪

・彼といい雰囲気になっても焦らなくて良くなる♪

といったメリットがあります。

デリケートゾーンの悩みは周りに言えないことが多いのですが、この記事を読んだ方はもう大丈夫!解決策を発見したのですから。 あとは、あなたが勇気を持ってお試ししてみるだけです。

 

デリケートゾーン せっけん,ジャムウ石鹸,デリケートゾーンの臭い

 

まとめ

いかがでしたか?

私もどんなに仲良しの女友達にもココだけは相談できない!というのが「デリケートソーンの悩み」です。 他人のデリケートゾーンを観察する機会なんて早々ないです。だからこそ同じ悩みを持つ女性は多いのではないかと思います。
もし同じように悩んでいる方がいるだろうな...と心当たりがあれば、ぜひ今回の記事をシェアしてみてください。