肌のかゆみが止まった!?かぶれも改善!?神レベルの市販の薬

春 肌かゆみ,花粉 肌荒れ,市販の薬 美容・ダイエット

肌のかゆみを超えてかぶれてきててカサカサになってしまいました。こんなにひどい肌荒れを起こしたのは数年ぶり。
濃厚なクリームでケアする以前の問題だったのでとりあえず市販の薬を試してみたけど、これが神レベルだった!

市販の薬が神すぎる!

春 肌かゆみ,花粉 肌荒れ,肌のかゆみ クリーム
先日、どうしても肌のかゆみが収まらず、赤みも出てきていたので基礎化粧品のナイトクリームでも対処できないと判断して、市販の薬に頼ることにしました。
市販の薬を使った1回目の記事は「肌のかゆみに飲み薬とかゆみ止めクリームを薬局で購入してみた!」で詳しく書いてます。

市販の薬を使って3日目で、かゆみ&赤みがなくなったので、なぜ今まで市販の薬に頼らなかったのだろうか?と思っています。市販の薬を馬鹿にしちゃいけない!すごい即効性があって驚いてます。(※実体験からの個人的な見解ですのでご注意ください)

塗り薬が肌に合っていたのだろうし、飲み薬と併用したのが良かったのかもしれません。

3日間使った結果 Before&After【比較写真】

春 肌かゆみ,花粉 肌荒れ,市販の薬
左が使用前の肌で、右が市販の薬を使い続けて3日目の肌です。
いかかでしょう。かなり改善されたのがわかっていただけると思います。
3日目は内服薬は飲んでません。塗り薬のみですが、かゆみは当然ないし、2日目にはかゆみがほぼ止まり皮がむけ始めてました。でもまだ赤い感じは残っていたのですが、3日目には赤みもかゆみもなしです(*’▽’*)♪

市販の薬...神です!!馬鹿にしてはいけません。日本の薬は進化している!
美容家の人たちは、「ひどくならないうちに皮膚科へ行ったほうがいいよ」と言いますが、忙しい時は特に自力でなんとかできないか?自宅でケアできないか?と思うものです。
今回分かりました!”ある程度は、市販の薬で乗り越えられる”とね(^_-)-☆

今回使った市販の薬たちをもう一度ご紹介しておきますね!

肌荒れ改善のために使った市販の薬

春 肌かゆみ,花粉 肌荒れ,市販の薬
市販の飲み薬「アレルギール」
この飲み薬が良かったのか?それはわかりませんが、早く治したかったので体の中と外から攻めてみた!
そんなに眠たくならなかったのですが、妊娠中の方や他に薬を飲んでいる方は、医師との相談が必要です。

>> Amazonで購入できるよ
 

春 肌かゆみ,花粉 肌荒れ,市販の薬
市販の塗り薬「オイラックスソフト」
この塗り薬は、いい仕事してくれたと思います。もともと敏感肌でスキンケア類も合わない肌なので、「ノンステロイド」に惹かれて購入しました。本当は別のモノが欲しかったのですが、結果的にこれでよかったのかもしれません。
本来使いたいと思っていた塗り薬については「肌のかゆみに飲み薬とかゆみ止めクリームを薬局で購入してみた!」でちょこっと書いてます。

>> Amazonで購入できるよ

肌荒れしないように日頃から予防

そもそも薬なんて使わずに日頃から肌荒れしないように気を付けていれば予防もできるもの。
数日ちょっとだけ手を抜いても肌荒れする人だっている。それはお肌を乾燥させてしまうからです。

「肌の乾燥=肌荒れ=老化」

と言っても過言ではありません。芸能人も一番気を付けているのは「お肌を乾燥させないこと」。効率的な保湿を心掛けることは肌荒れ知らずになるし肌の老化を抑えることになります。

お肌が乾燥すると角質のバリア機能も損なわれてしまう。バリア機能が失われてしまうと外からの刺激が入り込みやすくなり小さな刺激にも反応してしまう。これが敏感肌です。肌荒れだって起こりやすくなる。
健康な角質は自分自身で保湿成分(おもにセラミド)を作り出しているため、約30%ほどの水分を含んでいます。この水分が低下することが乾燥肌です。

ということは、セラミドを基礎化粧品で補うことで効率的に保湿することができる、保湿成分を補うことが出来るということになります。肌荒れした際、乾燥肌が加速する場合はセラミド配合のスキンケアを使ったほうがいいという皮膚科医のお話はこのこととつながるというわけですね。

関連記事,nachubi,ナチュビ セラミドとスクワランが主要成分の美容エッセンス<赤ら顔・乾燥肌対策に>

 

まとめ

こんなに市販の薬に助けられると思っていませんでした!3日で肌荒れが改善するなんて思ってなかったので助かった~。数年ぶりのひどい肌荒れには疲れたし、不安だったし、病院も考えました。市販の薬で完治してよかったです。

久しぶりに肌荒れしてわかったこと!「肌を絶対に乾燥させてはいけない!!」
日頃から、保湿を重視して水分量の高い潤いのある健康肌を保ち続けないといけません。皆様も肌あれにお気をつけて。