コレってセルライト?!知らぬ間に増殖中で困った...

セルライト 消し方,太ももを細くする方法 美容・ダイエット

太ももをつまんで凸凹してたらセルライトが発生した証拠です。まだ何もせずに凸凹にならないなら対処も簡単らしい。
今のうちにセルライトの撃退方法を知っておこうと思う方に、悩みと撃退方法を情報公開してます。

ダイエットしても太ももやお尻が全く細くならないから、なぜだろう?と思っていたのです。
”マッサージでもするか!”と思い立ってやってみたら、なんだ!この凸凹は!!!う~ん、これってもしかして噂の「セルライト」でしょうか。

あなただったらどうする?このセルライト!

セルライト 消し方,太ももを細くする方法
気づいたらセルライトが出来てた...

まだ表面に凸凹が出来てない時って、セルライトが蔓延ってるなんて思いもしなかった。つまんでみたら凸凹が出来ててビックリです。

「なんですと~!!!!」

どうりで最近は、ダイエットしてもちょっとスクワットやストレッチしたくらいでは足が細くならないと思ったんだ。原因はお前だったのだな!セルライトよ。
インドアであまり外に出ない、運動なんてしない、自宅大好きな人は本当に要注意です。凸凹があるかどうか、まずは太ももをつまんで確かめてみてね!

凸凹したセルライトを見て思ったんです。そもそもセルライトってなぜできるのかしら?疑問に思ったことはありませんか?

セルライトができる仕組みや原因を探って、セルライト撃退への道に進んだほうがいいようです。原因があるからセルライトができるという結果になるわけで、だったら対処法もあるはず!
まずは、セルライトができる仕組みとセルライトについて語ってみよう!
 

セルライトができるメカニズムは何?

セルライト 消し方,太ももを細くする方法
凸凹のセルライトになるのは、”脂肪細胞に異常が起きているから”です。

異常が起きているとは、脂肪細胞が肥大化することで血管やリンパ管を押しつぶし、血液やリンパの流れが悪くなることで酸素や栄養素が届けられなくなる。そして、老廃物や余分な水分が排出されなくなって代謝が悪くなります。
脂肪燃焼に不可欠なものも脂肪細胞に届かなくなってしまい、燃焼しにくく、消化しにくい細胞となってしまうのです。

このように栄養も酸素も届かない脂肪細胞をそのままにしておくと、繊維化していきます。老廃物や脂肪細胞同士が絡まりあった脂肪細胞のかたまりとなってしまうのです。このかたまりが、正しく「セルライト」の正体なのです!
 

肌の表面に凸凹が出来てきたら手遅れ!?

セルライト 消し方,太ももを細くする方法
セルライトは、初期の状態は肌の表面に凸凹が現れていなくても肌の奥に作られ始めています。その証拠につまむとボコボコっとしたものが肌に現れますよね!あれが、憎きセルライトです。
肌の表面に凸凹が現れてくる頃には、重症化していると言ってもいいでしょう。セルライトは解消しにくい脂肪の塊だということは理解して欲しいのですが、肌の表面に現れる前の初期の段階で対処する方が希望があります。
 

セルライトを撃退するには”ホルモン”がキーワード

セルライト 消し方,太ももを細くする方法
セルライトをそのままにしていると肥大化し血管を圧迫すると、ホルモンが脂肪細胞に届かなくなります。ホルモンがスムーズに運ばれなくなることでさらに脂肪細胞の肥大化を促進させてしまい、セルライトが肌表面に出てきてしまいます。

脂肪分解に働くホルモンにアドレナリン・ノルアドレナリンなどがあるのですが、これらの働きがなければ脂肪分解酵素がスムーズに働くことができないのです。
運動を行うと分泌されるアドレナリン・ノルアドレナリンは、ホルモンが脂肪細胞に届かなければ脂肪分解が行われす、脂肪を燃やすことができないのです。従って、運動を行うことでセルライト撃退するということには繋がらないということになります。
 

じゃぁ、どうすればいいの?頑固なセルライト

血行不良はセルライトの原因となりますが、冷え・むくみ・血行不良のように脂肪が燃えにくくセルライトになりやすい悪循環に陥らないように早めの改善が必要です。

「いやいや、それが出来てないから困ってるの!」という声が聞こえてきそうです。

確かにそうですよね!実は、このセルライト(肥大した脂肪)は、揉みほぐしが一番効果があると言われています。揉みほぐしと運動をしながらセルライトをなくしていくのが理想的です。
揉みほぐすだけしても、運動をしないと脂肪分解に働くホルモンの”アドレナリン”と”ノルアドレナリン”が分泌されませんので、少々の運動は必要になります。片方だけではダメなので併用することをおすすめします。

【関連記事】頑固なセルライトの撃退方法
 

まとめ

いかがでしょうか。あの憎きセルライトの原因が分かると、出来ないようにするのが一番だということがわかっていただけたと思います。
そうです、本当は出来ないように日頃から血行をよくしておくことが大切なのですが、肌表面に凸凹が出てきてないなら揉みほぐしを継続しつつ運動を取り入れることで悩みを解決することができます。

揉みほぐしてまずは肥大して固くなった脂肪のセルライトを柔らかくして、脂肪分解に働くホルモンにアドレナリン・ノルアドレナリンを運んでもらえるようにしましょう。まずはココからですね。