化粧水は不要って本当?もしそうならスキンケアの化粧水は省いていいの?

化粧水,保湿,美肌,アンチエイジング 美容・ダイエット

化粧水は不要というか無理に使わなくてもいいということを知った時はちょっと驚きました。理由を聞くと一理ある。
しかし今までの習慣が邪魔をしてどうしても化粧水を使いたくなる。保湿に化粧水は必要なのかどうか、使わなかったら肌の水分量が減少してハリがなくなるんじゃないか?など細かいことまでお話していきます。

水分だけでは乾燥した肌はおさまらない

「肌には水分が大切だから化粧水は一番大切」
「たっぷり何度も化粧水をつけて保湿する」

これは嘘とは言いませんが、間違いです。それは化粧水がそのまま肌の水分になるわけではないからなのです。
肌の潤い=化粧水と思っている人が多いですが、化粧水の大半は水であるという事実があります。水の中には肌に必要なセラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分はあまり配合できません。

髪の毛がパサついている時に水で濡らしても、またすぐにパサついてしまうのと同じで、セラミドが減少している肌にいくら化粧水をつけても時間がたてば蒸発してしまうのです。
 

化粧水だけはたっぷりつけて!の嘘

「化粧水だけは安物でもいいからたっぷりつけて」とTVの美容特集で言われているようですが、残念ながらあまり意味のないことだと皮膚科医は言ってます。
ましてやコットンで何度もパッティングそていると逆に肌を傷めてしまうこともあるというのですから、間違った使い方は肌を老化させていることになってしまう。
 

化粧水は何のためにあるのか?

化粧水,保湿,美肌,アンチエイジング
化粧水をつけなくてもいい?だったら何のためにあるのか?と言いたくなります。
皮膚科医から言わせると、極論を言うと化粧水はつけなくてもよいとのこと。

癖で化粧水をつけて肌を少ししっとりさせてからの乳液や美容液という印象があるので、これを変えることはかなり難しい。

そこで助け舟がありました。

肌への効果が確かな「ビタミンC誘導体」はクリームなどよりも水に配合した方が安定性の良い成分だそうです。なのでビタミンC誘導体を含む化粧水を使うことは意味のある事ということなので使うならビタミンC誘導体、もしくは他の水溶性の美肌成分(代表的なものでアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、ナイアシンなど)を選ぶといいでしょう。
 

化粧水を使うならコットンは使わない

化粧水,保湿,美肌,アンチエイジング
コットンはどんなに上質のものを使っても繊維の刺激で肌に小さな傷ができやすいもの。角質層が傷つけばそこから肌の潤い成分が流れ出してしまいます。
そして外界からの刺激は中に入ってきてしまう。肌が乾燥し、老化を招く原因となるのでコットンは使わない方がよい。

スキンケアは基本的に手で行うのが一番で、肌の微妙な変化も敏感な手のひらや指が察知してくれます。手という素晴らしいものを持ち合わせているのに、わざわざ肌を傷めてしまうコットンを使う必要性は…ないですよね^^
 

化粧水を使うのは日本くらい?

花粉症 症状,花粉症 症状 かゆみ,肌荒れ
日本だけではないと思いますが、少数派であることは確かのようです。欧米はクリームで保湿するのが主流のようなので。ヨーロッパは乾燥がひどいので化粧水よりクリームでやっちゃった方が早いのかもしれません。
前述しましたが、無理に化粧水を使う必要はないのでクリームだけでの保湿は普通。皮膚科医からしたら、保湿するのになぜ化粧水が必要なのか?と思うくらいでしょう。ということはオールインワンの化粧品って理にかなってるのかも。
できればオールインワンジェルよりクリームの方が良さそうですけどね^^

女性の皆さんは分かっていると思いますが、一番やってはいけないことは乾燥した肌を放置しておく行為です。洗顔したら保湿を必ずすること。乾燥している季節にはクリームで保湿を心がける。これだけでも肌老化、肌荒れを防ぐことができるのですから。
 

結果、化粧水は省いていいのか?

無理に使わなくてもいいというレベルですね。省きたいなら省いていい。クリームや美容液で保湿すれば済む話です。
化粧水の存在がどうしても必要であれば、「ビタミンC誘導体、もしくは水溶性美肌成分を含み他の成分は色々と含まないシンプルな化粧水」を使う。

余談ですが…

個人的にビタミンC誘導体が肌に合わない方もいらっしゃると思います。その場合は、水溶性美肌成分であるアミノ酸(天然保湿因子)、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンB3(ナイアシン)、各種抗酸化成分(オウゴンエキス、リコピン、グレープシードエキスなど)がありますので、こちらが配合されている成分でもOK♪
また、肌の水分を守るために最も活躍しているのは、角質細胞間脂質、なかでもセラミドです。セラミドは年齢とともに減り、それに伴い肌の水分も減っていきますのでセラミドを補うことも忘れないでね。

オーガニックコスメの場合、成分表にセラミドが入ってない可能性がありますのが「ヒマワリ種子エキス」という成分が入っていれば、サンフラワーセラミド(ヒマワリセラミド)と言われる、人間の細胞にも存在するセラミド6と似た構造を持つ背う分が含まれています♪
私も使っていますが「オラクル化粧品」の化粧水にはこの「ヒマワリ種子エキス」が入っていたり、びわの葉エキスが入っているため、殺菌・抗菌・かゆみ止め、皮膚炎症の早い回復などに期待ができるため肌荒れがひどくならないし、大人ニキビが発生しにくいと思われます^^

敏感肌の方はオーガニックコスメの方がいいという方も多いですよね。肌にスキンケアが合わずに苦労している方も多いです。そんな方でも「オラクル化粧品」は肌に優しいタイプなので使える可能性が高いかと思います。

【関連】超乾燥肌で敏感肌の私が出会った基礎化粧品「オラクル」の美肌効果

 

まとめ

化粧水は無理に使わなくていいし、クリームや美容液でのスキンケアで保湿はできるものです。
ただ、化粧水を使うことが習慣になっていて、使わないと気持ちが悪い方はビタミンC誘導体や水溶性美肌成分、セラミドなどが配合している化粧水を使うと効率的に保湿ができます♪