首からデコルテケアは必須!年齢と共にVネックの洋服が着れないって感じてる?

首のケア,首のイボ,アンチエイジング,Vネック 美容・ダイエット

年齢と共に肌も体型もすべてが20代とは全く違う、昔鏡で見ていた自分とは違う姿が映し出されてガッカリすることが多くなる。
そうならないためにも、そうなったとしても諦めずにケアをすることはとても大切。いつまでもVネックが着れる、胸元や首元が露わになっても堂々と外を歩ける女性になりたい!

Vネックで老けてみられる人

首イボ,首のシワ,艶つや習慣
Vネックを着用することで老けて見られる人っているんです。
スカーフを巻けば大丈夫だけど、それじゃVネックの意味がないですよねUネックのトップスでもOKってことになる。

Vネックで老けて見られる人の共通点について触れると、

・首にシワが目立つ人

・首の皮膚にハリがない人

・首にポツポツがある人

・デコルテが痩せすぎている人

どんなに顔のスキンケアを一生懸命していても、首~デコルテがこんなだと老けて見られるのです。実は密かに年齢が出やすい部位でもあるのです。

顔のケアばかりに集中して首~デコルテまで手が回ってない人が多い。若い時はそれでよかったのですが、年齢を重ねるごとに老けて見られるような状態になってしまう。

紫外線に当たる場所ですし、保湿してなければ艶も潤いも失われている。保湿しないことで小じわも目立つようになる。
顔の保湿をしなかったことで肌がくすんでくる、小じわが目立つようになる、シミが目立つ、毛穴が目立つのと同じです。

気づいたらその時から首~デコルテのケアをするようにしましょう。

首~デコルテのケアは”ついで”に出来る♪

顔の汗止める,顔の汗が異常,サラフェ
これ、筆者の先輩に言われていたことなんですが…「顔のスキンケアで手に付いた化粧水や乳液は首につけてケアした方が良いよ」ってね。
手に付いたものでイイからって、さんざん言われていたのですがその時はピーンと来なかった。20代で首のシワ気にする人なんていないからね。

しかし後に、その先輩の言葉が身に染みて分かるようになったのです。20代の時にコツコツやっておけば、教えを素直に実行しておけば今になって悩まなくて済んだのにってね。
後悔先に立たずというように、後悔しても仕方がないので地道にケアするしかないです。

前置きが長くなりましたが「首~デコルテのケアは”ついで”に出来る♪」というのは、顔のスキンケアのために使った化粧水や乳液、美容液が手についていたらその余りでいいから首からデコルテまで毎日ケアしようってことです。

毎日ケアしてもすぐには首がキレイにならないから…【ファッション編】

ヘアブラシ,髪の毛,メイソンピアソン
毎日ケアしてもすぐに首のシワが改善されるわけでもないし、ハリが出るわけでもありません。
ケアの最中なら首をキレイに見せてくれるファッションを心がけるしかない。

冬ならハイネックを着れば隠せますが、暑い日は首やデコルテが出るファッションになりがちです。
おススメなのは、首の詰まったTシャツなどを着用する。Vネックではなく「クルーネック」を着用すると首がキレイに見えるし、大人っぽく見える。老けて見られにくい。ただ、クルーネックの難点は首が短い人、胸が大きい人、肩幅がある人はそれが目立ってしまうことです。

となると「ボートネック」もオススメできるアイテム。これなら上品に大人なレディーが着こなせるアイテムです。
より魅力的に見せるためにボートネックで詰まった印象になりすぎないように、手首や足首など首元以外の肌見せをする。抜け感のバランスを取ればGood♪

首のケア,首のイボ,アンチエイジング,Vネック 出典:FELISSIMO フェリシモ

首のブツブツが気になっている人

首のイボ,首のイボの取り方,首のイボ 原因
”首のブツブツが気になって、タートルネックやボトルネックしか着れないわ”という方には、ボトルネックでカバーしつつ、首イボ用のスキンケアを取り入れてみましょう。
改善までの時間には個人差ありますが、あるアイテムのコンビによって自宅でケア出来るのでチェックしてみてください。

こちら♪
↓↓
首イボのケアに必要なのは”2つのアイテム”自宅ケア出来たんだ!

まとめ

いかがでしょうか。老けて見られるのは何も顔だけじゃない!首~デコルテは対面していると目線に入ってくる部位ですので、毎日のケアは必須です。
一番いけないのは顔と同じで乾燥させることです。保湿をしっかりしてツヤとハリのある肌へと改善していきましょう。

そして、いつしかVネックが堂々と着られるようになりましょう♪