目の下 くすみを消すために使っているアイクリームの秘密を大暴露

目の下 くすみ 消す,アイキララ,アイクリーム 美容・ダイエット

目の下のくすみが消えた!?って噂のアイクリームの存在を知らない女性はずっと目の下のくすみに悩んでいた。ドラッグストアにない”このアイクリーム”を使って同じ悩みを解消した人の口コミを暴露します。

⇒ -10歳の目元を実現するアイクリームの口コミ

消えない目の下のくすみに悩む人必見!

目の下 くすみ 消す,アイキララ,アイクリーム
目の下のくすみやクマは体調や生活習慣など様々な要因が組み合わさり蓄積された結果なの。
そうです!原因は1つではないということです。

紫外線によって過剰生成されたメラニン色素が肌・細胞に残って肌色を暗くしているのは大きな原因の一つと言えます。
他にも古い角質や汚れが残っていること、新陳代謝が低下してターンオーバーが乱れていることも原因の一つ。
新陳代謝が低下することで肌のターンオーバーが乱れることは皮膚細胞が入れ替わらないので固くくすんでしまうのです。

疲れや睡眠不足にも原因の一因がありますけど、加齢と共にくすみは少なからず出てきます。

目元のくすみやクマを目立たなくさせるためにコンシーラーを使っていると思いますが、まずは生活習慣を見直すこととスキンケアにアイクリームをプラスしてしっかり保湿することから始めましょう。

目の下のくすみ・クマを消すケアとは?

結論から言いますと、美白効果の化粧品を使う方がいいでしょうね。ハイドロキノン、ビタミンC誘導体などの美白効果がある化粧品を使用しつつ保湿もしっかり行うことが早道です。

おススメなのは手に入りやすく敏感な肌の人でも比較的使いやすい「ビタミンC誘導体」を取り入れること。以前から美白作用で知られる成分でハイドロキノンは即効性の高い美白効果が話題ですがその分、肌への負担も大きい。
敏感肌の方、肌荒れしやすい方にはビタミンC誘導体の方をオススメします。

プラスして手抜きしてほしくない”保湿”

ビタミンC誘導体だけでなく、毎日のスキンケアの保湿はしっかりタップリ手抜きなしでやってほしい。
肌の水分量が減ることで肌が乾燥し、角質層のバリア機能が低下します。また新陳代謝が低下しターンオーバーが乱れることで角質の本来の働き(外敵から肌を守るバリア機能)が働かなくなります。これって、シワ、たるみ、シミの大きな原因になるので保湿は絶対に手抜きしないでください。

特に目元は肌の中でも皮膚が薄い部分です。指の腹を使ってクリームで優しくしっかり保湿を行ってください。

かなり改善してくると思いますよ♪

ゴシゴシはダメ!目元は優しく扱ってこすらないで

花粉症 症状,花粉症 症状 かゆみ,肌荒れ
アイメイクをしっかり施している女性は多いですね、良く見かけます。
きちんとメイクを落とせているのか?と思うくらいマスカラの量も多いしアイメイクも濃い、アイラインもガンガン引いている。

優しくコットンでふき取って汚れは徹底排除してますか?
洗顔してもメイク汚れは多少残っている場合がありますので、化粧水をタップリ含ませたコットンでやさしく目元を抑えてふき取りケアをして欲しい。
コットンに汚れが付くからすぐに分かる。コットンに汚れがつかなくなるまで繰り返し汚れを取り除きましょう!

その際、絶対にやってはいけないことは”こすらない、ゴシゴシしないこと。

目元は肌の中でも皮膚が最も薄い場所と言われています。こすると刺激を与えてしまいシワやシミの原因になるのです。摩擦は肌に良くないことだらけです。
優しくふき取ってくださいね。ふき取るというよりも押さえて汚れをコットンにしみこませると言った方が正しい表現かもしれません。

 

シャワーで済まさないこと!

目の下 くすみ 消す,アイキララ,アイクリーム
毎日のバスタイムをシャワーだけで済ますのではなく、湯船にゆっくり浸かって汗をかくことと温めることが大切です。
またリラックスムードの中、指圧するようにリンパの流れを意識しながら目のまわりを含め、顔からデコルテまでマッサージしましょう。

血行促進、むくみ解消、冷え性解消の効果が期待できます。

外出時は紫外線対策を!

日焼け 対処,日焼け対策,日焼けあと
紫外線が肌に大敵だってことは広く知られるようになりました!
分かっていても面倒で紫外線対策を怠る人が多いこともわかっています。しかしここはしっかり日焼け止めをして欲しい。
夏に限らず秋冬もそして曇りの日だって安心できない!紫外線は降り注いでいるわけですから毎日紫外線対策をすることが大切です。

日焼け止めは必ずつけること、外出時にはサングラスを忘れずに、肌の露出は控えること。

特に目元は日焼け止めだけって方多いと思いますが、サングラスをすることで目から入る紫外線をカットできることと目元もカバーできるのでおススメです。

帰宅したら日焼け止めをしっかり落として、ビタミンC誘導体配合の化粧品でしっかりキッチリ保湿していきましょう。

 

目元はピンポイントでアイクリームを使用し特別待遇

目元は皮膚が薄いため外気にさらされるとダメージを受けやすい場所です。紫外線によってたるみが生じると言ってもいい。
だからこそ、何時ものスキンケアにピンポイントでアイクリームを使て過剰なくらい保湿をしましょう。

目元のくすみからたるみやシワにもつながるので、気になった時は早めにアイクリームをつけ始めることをオススメします。
まだ早いよな~と思っていてるかもしれませんが、めっちゃ気になるくらいくすみやクマが酷くなってからでは回復するのに時間がかかります。
出来る限り早めの対処をオススメします。

ビタミンC誘導体配合のアイクリーム

花粉症 症状,花粉症 症状 かゆみ,肌荒れ
アイクリームなら何でもいいのか?というわけではなく、出来れば効果が高いと言われている成分が配合されているものを使ってほしい。
その一つがビタミンC誘導体です。そして今回はビタミンC誘導体の一種であるMGAという成分が配合されたアイクリームを発見。

MGAは加齢と共に失われていくハリ・弾力を目覚めさせてくれることで肌の奥からふっくらと持ち上げてくれる。
同時に、コラーゲンの持つ栄養素を肌内部に留める働きも目覚めさせることで肌は栄養分や潤いをキープするためにハリを保つのです。

コンシーラー不要の生活をして欲しいからMGA配合のアイクリーム「アイキララ」をご紹介したかったのです。

⇒アイキララの口コミ・詳細をもっと知りたい!

 

まとめ

「目の下のくすみやクマは悪化する前にケアを始めること」

「お風呂はシャワーで済ませず湯船にゆっくり浸かり、リンパの流れを意識しながらマッサージをすること」

「メイクを落として最後にコットンに化粧水をタップリ含ませ、コットンに汚れがつかなくなるまで優しくふき取ること」

「新陳代謝をアップさせターンオーバーが乱れないようにしっかり保湿をすること」

「美白効果とコラーゲンをサポートするビタミンC誘導体を活用してハリと弾力を目覚めさせること」
毎日のスキンケアだけで満足せずに、目元をピンポイントでケアする保湿クリームを導入してくすみやクマを再発させないようにしましょう。
肌の水分量がアップすることでくすみを改善できるし、ハリも戻ってきます。

面倒くさがらずに少しだけ手間をかけてあげてください。
⇒噂のアイクリーム「アイキララ 」を使った口コミ