目の下 クマ・たるみは10歳老けて見える!?簡単に若返る方法はコレ!

目の下 クマ たるみ,アイキララ,アイクリーム 美容・ダイエット

年齢より老けて見られるほど悲しいことはない。
鏡を見たとき、自分の顔が老けてきていることに気づくときほどショックなことはありません。

目元は女性にとって重要なパーツ。だからアイメイクは時間もお金もかけるのです。
なのに年齢より見た目が老けて見られてしまう目の下のクマ・たるみなど目元が原因の一つになっているなんてね…

ということで、マイナス10歳になるための方法やアイテムについて真剣に語ります。


目の下のたるみ(黒クマ)の正体は眼窩脂肪や老廃物も

”眼窩脂肪(がんかしぼう)”って、眼球の周囲に存在する脂肪の事。
加齢によって目のまわりの筋肉が衰えたり、眼球を支える組織が緩むことで眼球の位置が下がって”眼窩脂肪(がんかしぼう)”を圧迫しちゃうの。
眼窩脂肪(がんかしぼうや老廃物も皮膚が抑えきれなくなって前に吐出するんです。

それで下まぶたがたるんだり、目の下にクマがあるように見えて老けて見られる原因となるんです。
 

コンシーラーを使ってメイクで隠せない理由

目の下 クマ たるみ,アイキララ,アイクリーム
コンシーラーを使ってクマを隠すメイクの仕方がたくさん出回っていて、現にコンシーラーを使っている方って多いんですよね。
でもこれって隠しているだけで根本的な解決になっているのか?というとそうではないですよね?

どんなにコンシーラーを使っても完全に隠すことができないのは、クマの色素沈着も年々加速するし目の下のたるみはコンシーラーでも隠せません。
アイメイクの仕方で誤魔化すことはできるでしょうけど見た目にも分かっちゃいます。

メイクが苦手な人が目の下のクマやたるみを隠すメイクをやってみると、大抵は時間の経過とともに目元のメイクが崩れてきて、逆にシワやたるみが目立ってくることだってありますよね。
良く見かける光景です。

コンシーラーを2つ使い分け、ベースメークを施すとなると…
目のまわりは皮膚が動きやすい場所なのでメイクがヨレやすいのです。表情が出やすいところのメイクは良く動くのヨレやすくなってしまうのです。
 

目元の悩みはどうすれば解決できるのか?

目の下 クマ たるみ,アイキララ,アイクリーム
”隠す”ではなく”内側から改善”すること。

一度失われたハリや弾力を目の周りだけ復活させるのは難題です。
ハリや弾力が失われるのは筋肉の衰えもありますが、コラーゲンが減少していることも深い関係があります。これはお肌と同じですよね!

お肌のハリがなくなった...お肌がくすんでいるというと高い美容液を購入するのに目のまわりはついでに塗る程度で集中ケアができるわけがありません。
また肌の中でも皮膚が最も薄い部位なので、より細やかなケアが必要なのは考えれば分かること。

「あなた、目元専用のクリームって使ってますか?」

こう聞かれて、何%の人が使っているのかって...ほんの一握りなんですよ。

目元のコラーゲンをサポートするためには”それなり”のクリームを毎日使っていかないとハリや弾力を取り戻すことは無理です。
加齢によって皮膚が痩せているのだから、ピンポイントでケアをしないとね!
 

ハリと弾力を取り戻すにはコラーゲンが鍵!

肌にハリと弾力を取り戻すための鍵ややっぱり「コラーゲン」。肌の内側のコラーゲン量が低下することで見た目の老化が加速する。
コラーゲンを取り入れるには二通りの方法がありますよね。

”コラーゲンサプリやドリンクを飲んで取り入れる”

”コラーゲン配合のクリームなどを塗る”

体の内側からのサポートか、外側からのサポートの二通り

個人的には両方やった方がいいと思っているけど、どちらか一方で効果を早く実感する方と考えると外側からピンポイントでのケアでしょう。

どんなにたくさんの美容成分が注目されてもコラーゲンは安定して必ず注目されている。それはアンチエイジングには欠かせない成分だからってことでしょ♪

大切なことをもう一つ...コラーゲン配合なら何でもいいって訳じゃないからお気を付けください。効果が実感できないな~と思ったらコラーゲンの性質がわかれば、”私が使ってるのではダメだったんだ”って気づくと思うよ。
 

肌につけるならコラーゲンよりビタミンC誘導体

目の下 クマ たるみ,アイキララ,アイクリーム
肌につけてハリや弾力を取り戻したい!くすみを改善したいならコラーゲン配合のものよりもビタミンC誘導体のスキンケアを使わなきゃ!

えっ?なぜですか?と疑う声が出てきそうなので説明を入れておきます。

コラーゲンは化粧品として表面に塗った場合は保湿剤にはなるけど真皮までは吸収されないのです。分子が大きいからね。

肌へ栄養を与えるためにはビタミンB群、C、Eなどをお手入れに取り入れるようにしなければなりません。どれを取り入れてもいいのですが、この中で必ず取り入れたいのがビタミンC誘導体なのです。

なぜならコラーゲン合成促進、美白など様々な効果があるためです。

⇒ 目元にもビタミンC誘導体を取り入れる!
 

まとめ

目元のハリを取り戻す、クマを改善するためにはコラーゲンが鍵になる。
化粧品としてコラーゲンを肌に塗ると保湿剤になるが真皮まで吸収されない。

肌の真皮のコラーゲンを合成促進させるならビタミンC誘導体を使ってケアするのが近道である。
ビタミンC誘導体はメラニンを美白効果など様々な効果を発揮してくれるのでアンチエイジングには取り入れるべきアイテム。

肌へ栄養を与えるスキンケアをするならビタミンを取り入れるようにするのですが、その中でも必ず取り入れたいのがビタミンC誘導体です。
肌の外側からスポットケアも必要ですが体の中からコラーゲンを増やすことも重要になるので、毎日の食事から摂りいれられれない方はサプリメントを活用するとより目の下のハリ、クマ消しへの効果もアップします。

⇒ 蛯原英里ちゃんも飲んでる「すっぽん小町」