サラフェプラスの効果を最大にする使い方&メイク直し方法!これで顔汗が噴き出ない♪

サラフェプラス,サラフェプラス 効果ない 美容・ダイエット

通勤・通学で悪夢なのが満員電車やバス。

「時間に間に合わない!」って思って
走って乗ったら地獄の汗、滝汗が出るという現実。

朝の通勤・通学は、汗かきの女性にとって”悪夢”でしかない。

涼しそうにしている隣の子が羨ましくて仕方がない...

何とか顔汗を止めるためには「下地」で汗を食い止める!

どんな下地より優秀なサラフェプラスを使うメリットは「毛穴をキュッと引き締めて汗を抑えてくれる」という点です。

早速、効果的な”サラフェプラスの使い方を見てみよう♪

サラフェプラスの正しい使い方!使う順番を間違うと効果が半減!?

サラフェプラスをメイクの下地として使うと汗を抑えられるのですが、使う順番を間違っている方がいらっしゃるんじゃないかなって思っています。

ポイント
・最初につけること
・油分を含むケア商品の後に使わないこと

これを守ってもらえたらより効果を発揮するし、ファンデーションがヨレちゃうという悩みも改善されます。

じゃ、実際にサラフェプラスをメイクの工程の中でどこに入れるのか?分かりやすく説明します。

 

朝のメイク+サラフェプラスの使い方<基本編>

洗顔→化粧水→サラフェプラス→(※美容液・乳液)→メイク
ちなみに間違っている順番は…

洗顔→オールインワン化粧水→サラフェプラス→メイク

なぜ間違っているのか?
化粧水じゃないか!と思うかもしれません。

よく見てみましょう!オールインワン化粧水。
この中には油分が入っているので効果が半減しちゃうんですね。

オールインワン化粧水、オールインワンジェルやクリームも含みますが、油分が入っているものをサラフェプラスの前に使うのはNGです。
”油分”がNGな理由
サラフェプラスを使う前に「油分」を含む化粧品を使うと、その「油分」がお肌に幕を張ってしまいます。
そして毛穴をふさいでしまうのでサラフェプラスが上手く肌に浸透せず表面に残ってしまいます。  

これではどんなにサラフェプラスをお肌に塗っても意味がありません。
意外とこの失敗してて気づかない人が多いんです…
オイル系の化粧水・乳液・美容液、そして日焼け止めはサラフェプラスの後に使いましょう♪
 

サラフェプラスを使ったメイク<時短編>

時間がない時には3ステップでOK♪
①洗顔→②サラフェプラス→③メイク
(※こちらの方法は乾燥肌の人にはおすすめしません。化粧水でしっかり保湿してからサラフェプラスを使うことを推奨します。)
なぜ、サラフェプラスを洗顔後にスキンケア無しで使えるのか?というと
「下地」や「オールインワン」としても使えるように作られているからです♪

お肌をケアできるように潤い成分もたくさん入っている下地で汗も抑えてくれるのが「サラフェプラス」の最大のメリットなのです♪

サラフェプラスは、ナノセラミド配合なのでお肌への浸透力がアップして成分を肌奥まで届け、潤いもアップしてくれています。

主な成分はこちらです♪
↓↓↓
サラフェプラス,顔汗 止める
とは言っても、先ほども(※)で書きましたが、
乾燥肌の方にはおすすめしない使い方です。

せめて、洗顔後に化粧水で角質層までしっかり潤して水分量アップして、”もちっとした肌に仕上げて”からサラフェプラスを使う方が下地の持ちもいいし、潤いキープのままメイクもキープできますから♪

サラフェプラス後の美容液や乳液は飛ばしても良いので、洗顔後の化粧水だけは使った方が良いと敏感肌だからこそ感じてます。
 

【使える裏ワザ!】サラフェプラスを使ったメイク直し方法

お昼休みのメイク直しでもサラフェプラスは使えます♪
顏汗の量が多い方は、メイク直しにもサラフェプラスを活用してくださいね。
▼メイク直しの手順はこちら
汗を拭く(皮脂も取る)→サラフェプラス→メイクの上からなじませる
簡単な方法は上記のやり方ですが
よりキレイに肌を仕上げるための方法も書いておきます^^
 
▼よりキレイにメイク直しする手順
オイルフリーの下地とスポンジを使って皮脂とメイクをオフしてサラフェプラスを使用する方法になります。

ティッシュOFF

ファンデーション

という直し方だと、皮脂崩れを抑えるだけで取り除けていないので、ファンデを重ねてもキレイに仕上がらないのです。

崩れ乾いた皮脂と崩れ乾いたメイクのダブルパンチがそのまま下にある状態で上に重ねているという状態になるので、ティッシュでしかおさえれてないとファンデーションとか皮脂の汚れが取り除けない。

結果、思い通りのキレイなベースに直しづらいのです。

だからこそ必要なメイク直しの正しい手順を取入れてください。

ポイントは、顏の参画ゾーンを完璧に整えればOK
下地を目の下の三角ゾーンに塗る

スポンジで皮脂やヨレをふき取る
(※このひと手間がキレイにメイク直しができる。保湿もしながらキレイに汚れを取り除いて肌がモチモチになる。)

この上からサラフェプラスをトントントンと馴染ませる

パウダーファンデーションを重ねる
この工程をするだけでベースが朝と同じくらいの状態で見た目にもキレイに仕上がります。
サラフェプラスの使い方,サラフェプラスでメイク直し
サラフェプラスはメイクの上からでもOKなのですが、目の下の三角ゾーンだけひと手間かけるだけで見た目がキレイになるからこの方法をおススメしました。

髪の生え際からも汗が出てくるので、
額からもみあげのところは、汗を拭く(皮脂も取る)つまりはティッシュオフしてからサラフェプラスをトントントンと肌になじませるだけでOKです^^

今回のメイク直しに使うオイルフリー下地とパウダーファンデーションの一例と選ぶポイントを書いておきます。
【オイルフリー下地】

▼選ぶポイント
1.オイルフリー
2.保湿
3.UVカット
4.色がつかない
※違うメーカーでもこの条件を満たしていればOK
※ミニサイズだと持ち運びが便利♪

▼商品例
オルビスユー デイメモリーモイスチャー
2,700円
 
【スポンジ付きパウダーファンデーション】
▼選ぶポイント
1.スポンジ付属
2.マットタイプ  
※粒子が細かくひと塗りでたっぷりつくもの

▼商品例
セザンヌ UVファンデーションEXプレミアム
800円
 

サラフェプラスの効果が感じられない…と思ったら

サラフェプラスを数ヶ月試しても”効果が感じられない…”と思っている方も中にはいるかもしれません。

そういう方には大きく分けて2つの共通点があります。

1.水分
顏の水分や汗がちゃんと拭けていない。
洗顔後の肌が濡れた状態、水分が残っている状態or化粧水が肌になじんでないままサラフェプラスを使用してしまった

2.油分
保湿力がある乳液や美容液、オイル系美容液、オールインワン系、日焼け止めなど、お肌に膜を張るスキンケアをサラフェプラスの前に使用してた場合。

以上の2点をもう一度見直してみてください。

 

個人差あるけど継続する事がポイント!

サラフェプラスを使って効果を出すためには、
今まで書いてきたポイントを守りつつ、とにかく使い続けることが大切です。

変化を感じるまでには個人差あって、肌のターンオーバーの周期から考えても1ヶ月で効果がなければ3ヶ月使ってみることです。

3ヶ月も変化が感じられないの?と思うかもしれませんが、肌のターンオーバーは個人差あります。
年齢と共に遅くなってきます。

おおよその計算式として「年齢×1.5倍」があなたの肌のターンオーバー周期です。

年齢を重ねていればいるほどサラフェプラスの効果を感じるのが遅くなる。
使い続けないと効果が実感できないでしょう。

もしかしたら、知らない間に効果が出始めてるかも?
 

こんな変化が見られるようになってきたら効果のサインかも!

・汗のベタつきが以前より気にならなくなった(サラッとしてきた)

・汗が大粒から小粒になってきた

・滝のような汗が流れていたのに、じわっと汗がにじみ出る程度に変わってきた

・夕方、眉毛の形が整ったまま残ってる

・化粧直しの頻度が減った

・汗を拭く回数が減った

・夕方の顔はテカテカでドロドロになっていたのに、サラッとしてきた。

サラフェプラスを使っていると顏汗が突然減って効果があった!というよりも、使い続けているうちに少しずつ肌の状態が変わってきて徐々に汗の量が減ってることに気づくという商品です。
上のチェック項目を見て、どんな変化があったのかをチェックしながらコツコツ続けていきましょう。

今なら送料無料!お得なサラフェプラスを試すなら!
>>サラフェプラスを65%OFF購入する  

サラフェプラスのまとめ

顏汗が出やすくて、朝時間をかけてメイクしても崩れてしまうなら下地を変えてみると良い。

肌の汗を包み込んでメイクの上から出にくくなるように作用してくれる「サラフェプラス」

■効果的な使い方
①洗顔後に化粧水で肌を角質層までしっかり潤す。
②サラフェプラスを肌全体に馴染ませる
③普段通りのメイクをする
(※サラフェプラスを使う前に、美容液・オールインワン・乳液など油分の多いケア商品を肌に使わないこと)

今まで使っていた下地をサラフェプラスにして汗の出方を検証してみて下さい。
きっと満足できる結果が実感できるでしょう。

顏汗が噴き出ない、涼しい顔して毎日を送りましょう♪

>>サラフェプラスの詳細はこちら!