玄米と大豆の魅力にハマった「強力ご飯」健康的なダイエットにも♪

玄米炊き方,ダイエットレシピ レシピ

大豆がもともと好きで、ご飯も雑穀米にして食べていた頃に出会ったのが「最強飯」というレシピ。
自分なりに少しだけアレンジして作ってみました!腹持ち良し・栄養バランス良し!健康美を目指す方へのおすすめご飯レシピです!

玄米+麦のビタミンBの塊、そしてビタミンE、食物繊維、大豆の植物性タンパク質まで摂取できる!
同じ炭水化物を食べるなら、この最強の炭水化物を摂取した方が健康的☆

このご飯をつくる原型になったのが「最強飯」というレシピです。
ありがとう(_ _)

強力ご飯の材料

強力ご飯の材料 <3合分>

玄米・・・ 1合(180ml)
麦 ・・・ 1合(180ml)
大豆・・・ 1合(180ml)
水 ・・・ 白米と同僚の水加減
黒ごま・・・大さじ3

 

強力ご飯の作り方

【1】
玄米炊き方,ダイエットレシピ

まず、玄米を計量して洗いましょう。ホコリを落とす程度にササッと洗ってください。
次に、炊飯器に玄米を入れます。ぎませんので、炊飯器に直接入れても構いません。

【2】
玄米炊き方,ダイエットレシピ

麦を加えます。
私は発芽大麦を使ってます。これは洗わなくていいという説明書きがあったので洗ってません^^そのまま炊飯器に入れちゃいます!

【3】
玄米炊き方,ダイエットレシピ

大豆を加えます。
私は大豆を黒大豆にしました。黒豆というアレンジ方法もありましたが、金額が驚きだったので黒大豆にしました!ササッと洗って炊飯器に入れました!

【4】
玄米炊き方,ダイエットレシピ

白米のように研ぐ必要はないんです。ほこりやゴミ、籾殻などの汚れが落ちれば問題ありません。また、水加減は普通の白米と同量でOKです。
今回は玄米1合、発芽大麦1合、黒豆大豆1合なので、炊飯器の3合のラインまでお水を入れます!このまま一晩(6時間以上)寝かして浸水します。その後、普通の炊飯モードで炊き上げます。

朝炊く場合は、夜寝る前に仕込んでおき、炊飯タイマーをセットしておくとえ便利です。

【5】
玄米炊き方,ダイエットレシピ
玄米炊き方,ダイエットレシピ
白ごまを加えて、全体をよく混ぜ合わせて出来上がりです。今回は白ごまを忘れてしまいました。もちろん黒ごまでもOKです!

美味しく食べるポイント

玄米炊き方,ダイエットレシピ

<ポイント1>

玄米はプチプチした食感が特徴ですが、プチプチ固めの食感が好きな方は、水加減は普通の白米と同様にし、普通の白米と同様に炊いています。もう少し柔らかめの食感が好きだなという方は、水の量を1割ほど足すと良いでしょう。

もし、炊飯器に「玄米」モードがあるようでしたら、その水加減と設定で炊き上げると良いです。ただし白米のような食感にはなりません。

<ポイント2>

炊き上がったあと、炊飯器で長時間保温すると残念な臭いになりますので炊きあがったらすぐに食べるか、別容器に移し替え冷蔵庫で保存してください。冷凍する場合は、粗熱が取れてから、1人分ずつジップロックなどの密封できる袋に入れ替え、平らにして冷凍してください。

<ポイント3>

浸水時間は設定時間以上、十分にとって下さい。あまり浸水せずに炊くとベタッとした仕上がりになってしまいます。せっかくの”強力ご飯”が残念になってしまいますので浸水時間は守ってください!

正直、作るの面倒!もっと手軽に栄養素を摂りたい!

玄米炊き方,ダイエットレシピ
この「強力ご飯」の難点は、作るのに時間がかかること。浸水時間なども含めると、寝ている間につけ置きするとは言え、豆、玄米、押し麦など準備がとても大変です。もっと気楽に栄養素が摂りたい!玄米ばかりは食べられないから、玄米と同じくらいの栄養素で、白米で作れるものはないの?と質問をいただきました。

そこで、私が使っているのが「ひとてまいです。

ひとてまいって何?

玄米炊き方,ダイエットレシピ
「ひとてまい」とは、ひとさじで栄養補給・健康管理が出来てしまうスグレモノ。
ご飯だけでなく、色々な食べ物にひとふりするだけで、若さの源”ビタミンE”、元気の源”ビタミンB1”、丈夫な体を作る”ビタミンB6”、毎日摂りたい”食物繊維”、美容成分”ヒアルロン酸海洋性天然コラーゲンカルシウム”そして、いま注目の成分”中鎖脂肪酸”が全て摂取できる♪

こんなに簡単なものがあるのに、なぜ最後に紹介するの?と怒られそうです。できる限り自分で健康管理をし、自炊をして自宅でできる美活・建活と思ったけど、簡単に取り入れられるものがあるなら、使うべきですよね(^_^;)

お米に混ぜると、ふっくら炊けて24時間モチモチが持続するので、ぜひ試して欲しい♪
さらに、玄米と比べて、ビタミンEが約23倍の栄養素であることも分かりました。
特にお忙しい方、不規則な生活を送っていらっしゃる方、「ひとてまい」を使ってください(_ _)

玄米炊き方,ダイエットレシピ > 毎日のごはんをパワーアップさせちゃう!!ひとてまいはこちら!

 

まとめ

玄米炊き方,ダイエットレシピ

作り置きしておけばレンジで温めてすぐに食べられますし、お弁当に入れてもOKですし、サラダなどにパラッとひとふりするのもあり!色んな使い方があるのでまとめ炊きしてストックしておくと便利です。

たまにはいいけど作るのはやっぱり面倒。それに、玄米などの材料費が意外とかかるので、手軽に栄養を摂取したいという方には、最後にご紹介した「ひとてまい」をおすすめします!

 
★この記事を読んだあなたにはこちらの記事もおすすめです。
>> ぽっこりお腹に、高橋ミカプロデュースの【デトスルー】 >> 美尻になるための30日間スクワットチャレンジを実行!
>> チアシードでダイエット・便秘解消する効果的な食べ方