あなたもバレてるかも!?年齢がバレる女性の体の部位

年齢,老けて見える ライフスタイル

意外と男性はチェックしているらしい女性のあの体の部位。そこを見ればどんなに綺麗に着飾っていても年齢がだいたい分かってしまうという怖い話...ではありません。
チェックされている年齢がバレる部位を知れば、対策ができますので、臭いものには蓋をせず、見て見ぬふりはせず受け止めて、早めに対策をしましょう♪

 

年齢がバレる女性の体の部位 7つ

年齢,老けて見える

 
年齢を重ねてもキレイな女性が多くなりました。”美魔女”なる単語が出るくらい美しい熟女が増えましたね。
美しければ美しいほど”アラ”を探されるという、気が抜けない実は体のあの部位を見れば年齢がバレていた。
知って納得の年齢がバレる女性の部位はどこなのか?その弱点はどこにあるのでしょう。

 

目尻のシワ

思いっきり笑いたいけど、笑いシワが気になってできない...なんてことはないですか?
皮膚の中でも最も薄い所だと言われている目の周り。年齢が出やすのもうなずけます。

ここはしっかり保湿が必要です。年齢を感じる前に、今使っているスキンケアに愛クリームをプラスしてしっかり保湿をして肌のハリをキープしましょう!

 

ほうれい線

ほうれい線は、老け顔に見られるし不機嫌だと思われる表情線のひとつです。
大きな口を開いて笑うのはとても魅力的なことだけど、ほうれい線が深く刻まれることは避けられない。
シワをなるべく固定させないように、毎日の保湿が大切になってきます。保湿とマッサージを怠らないようにしましょう!

関連記事,nachubi,ナチュビ毛穴・ほうれい線に悩まなくなるスキンケア!

 

手のシワや質感

見落としがちなのが手の甲です。料理を作る、洗い物をする、掃除をするにも必ず手を使います。
手を酷使しているとシワやカサカサの質感、年齢を重ねたらシミまで出てきてしまいます。

掃除や家事をするときは、手袋をつけて保護してあげたり、カサカサにならないように保湿をしっかりしてあげましょう。
日焼け止めも見落としがちになる箇所なので、紫外線対策もしっかりしましょう。

 

背中

鏡で体の前の方は見ますが、背中は見たことがない、後ろ姿は見てないなという方も多いでしょう。
実は、後ろ姿で年齢がわかってしまうので要注意です。

トップスがぴったりしているものを着て、横脇が凸凹でブラにぜい肉が乗っかってる感じは、おばさんに見られます。
また姿勢が悪いと、疲れて見えるし老けて見られてしまいます。

いつも背中を意識して姿勢を良くするように心がけたり、背中に筋力をつけるようなストレッチを心がけましょう。

 

首・デコルテ

顔の延長にある首。顔のスキンケアには時間と手間とお金をかけても、ここ”首”には手を抜いています。
その結果、本当は首ってとても年齢が出る場所だということを首にシワやイボが出来始めてやっと気づくのです。

顔を見ながら少し視点を下にずらしただけで目線に入ってくる首は、年齢がバレやすい箇所なので、顔のスキンケアの延長でマッサージしながら保湿を行いましょう。
関連記事,nachubi,ナチュビ首・デコルテ・首イボケアを自宅で手軽にできる!

>【初回50%OFF】首イボのポツポツを取る究極ジェルはこちら!

 

お尻

洋服を着た時に、前の方は鏡で確認しても後ろ姿までは確認しない人が多いのではないでしょうか?
特にパンツスタイルの時のお尻に注目をしてください。垂れていたり、四角くなっていたりしませんか?

お尻で年齢がバレてしまうので、キュッと上に上がったヒップをキープできるように心がけましょう。
毎日の生活に少しだけストレッチを取り入れることで、ヒップの形は変わってきます。

関連記事,nachubi,ナチュビ美尻になるための30日間スクワットチャレンジ方法

 

ヒジ・ヒザ

ヒジとヒザに共通するのは、シワです。曲げ伸ばしをするところなので皮膚に余裕があるのですが、年齢とともにたるみとシワができてしまいます。
筋力をつけないと、ぜい肉がたるんできて、シワだけでなく、伸ばした時にヒジとヒザにお肉が乗るような感じになります。

年齢を重ねるごとに、トップスは七分丈、スカートはヒザ下のものを選んでしまうのは、年齢を隠したいからか?
そんなことはないのですが、ファッションでカムフラージュする工夫もできますね。

できればヒップ同様に筋力をつけて皮やお肉がたるまないようにして、ボディクリームで保湿することでシワも目立たなくさせ潤いのある肌をキープしましょう。

 

白髪

白髪は染めれば大丈夫!しかし染め残しがあると一気に老けて見えますのでご注意を。
日頃の食生活や生活習慣によって白髪を予防、改善することができるということも分かり、実践している人も多いのです。

頭皮環境の悪化から血流が悪くなり白髪になるというメカニズムもありますので、頭皮にやさしいシャンプーを使いましょう。
頭皮環境、食生活、生活習慣を改善するだけでも、かなり予防予防でき、改善が期待できます。

関連記事,nachubi,ナチュビ白髪を治す・予防する方法はコレだ!

 

まとめ

年齢,老けて見える

いかがだったでしょうか。
スキンケアはしっかりしていても、その他の体の部位には無頓着だったということはないですか?
少しだけ手間と時間をかけて、努力すれば見た目年齢は改善できます。

年齢に関係なく、笑顔や行動に余裕がある人の方が着飾った人よりも好感は持たれます。
それでも、老けて見られるより若く見られたほうがいいかなと、女性は葛藤の中にいつも置かれているのかもしれません。