お正月飾りの処分に困っていませんか?正しい処分方法は簡単だった!

お正月飾り いつまで,お正月飾り処分方法 ライフスタイル

12月はクリスマスやお正月とイベントが盛りだくさんです。
クリスマスが終わったかと思ったら、お正月を迎えるための準備で大忙しです。
準備はしたものの、お正月飾りはいつまで飾っておけばいいのか?正しい処分方法が知りたい!
こんな声が多かったので、まとめてみました!


お正月飾り「しめ縄・門松・鏡餅」はいつまで飾っておくのか?

お正月飾りを年末になると街中のスーパーでも販売されていて、目に飛び込んできます。
しかし、購入してもどれをどのように飾ったらいいのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか?
そんな疑問を解決できるように、項目ごとに説明します。

しめ縄の飾り方・いつまで飾るのか?

お正月飾り いつまで,お正月飾り処分方法

基本的には、年神様を迎える玄関先や神棚に飾りますが、かまど神や水神など様々な神様をまつる場合もあり多種多様です。
玄関先に飾ってあることが多いように感じます。

 
しめ縄をいつ飾るか
クリスマスが終わってから28日までに飾るようになってます。
29日は「苦が待つ(末)」という事から避け、31日は「一夜飾り」となって神様に大変失礼とされています。

しめ縄をいつまで飾るか
しめ縄を下げるのは「松の内」と呼ばれる1月7日までとされています。
これは地域性があり、1月15日まで飾っている場合もあるようです。

 

門松の飾り方・いつまで飾るのか?

お正月飾り いつまで,お正月飾り処分方法

門松は、一般的に家の門や玄関先に2本を左右対称に飾りますが、このことは実は決められているわけではありません。
昔は庭先に1本のみ飾って神様への印としていたことから、どちらでも構わないと考えられます。

 
門松をいつ飾るか
25日~28日の間に取り付ける場合が多い。
また、29日や31日はしめ縄を飾るのに日が良くないとされているので注意が必要です。

門松をいつまで飾るか
取り外すタイミングもしめ縄と同じように「松の内」を目安に取り外します。
こちらも地域によっては、1月15日まで飾っている場合があります。

 

鏡餅の飾り方・いつまで飾るのか?

お正月飾り いつまで,お正月飾り処分方法

鏡餅は年神様をお迎えするために供えるお供え物です。
鏡餅が丸い形をしているのは円満を表し、2つ重ねるのはかさねがさねを表しています。つまり円満に年を重ねるという意味です。

◆ 鏡餅の基本の飾り方
1.三宝の上に紙(半紙や四方紅)の端が三宝から垂れるように敷く。
2.裏白の葉の白い方を前に向けて乗せる。
3.その上にお餅(2段重ね)を乗せる。
4.お餅の上に橙を乗せる。

 
鏡餅をいつ飾るか
鏡餅は、12月13日~28日に備えるのが良いとされていて、中でも28日は末広がりの8が付いている事から特に縁起が良いとされて、この日を選ぶ方も多いようです。

鏡餅をいつまで飾るか
一般的に、鏡餅は1月11日の鏡開きに下げ、家族全員でそのもちを食べるのが良いとされています。


 

お正月飾りの正しい処分方法は?

お正月飾りを飾ったのはいいけど、どのように処分すれば良いか?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
ここでは、2つの方法をご紹介したいと思います。

 

お正月飾りの処分方法1「神社へ持っていく・どんど焼き」

お正月飾り いつまで,お正月飾り処分方法

基本的には、住んでいる場所の近くにある神社や、地域の大きな神社へ持っていきまましょう。ただし、どこでも受け付けてくれるわけではないことがありますので、事前に確認を取っておきましょう。

また、地域で行われている”どんど焼き”を利用する。お正月飾りは、1月15日の小正月に行われる”どんど焼き”にて処分するようになってます。
どんど焼きとは、正月飾りとして使ったものを一斉に集めて火にくべる行事です。

 

お正月飾りの処分方法2「自宅で処分する」

自宅の庭で焼くことも可能ですが、お庭がないとできないとことがあり、状況によっては難しいと思われます。
現実的なのは、「塩で清めて、ゴミに出す」という手軽な処分方法です。

 
<正月飾りを自宅で処分する方法>
1.自宅の神棚や御札の前へ置き参拝する
2.新聞紙の上に飾りを乗せ、お塩でお清めをする
3.そのまま新聞紙で包、新しいゴミ袋に入れる
4.感謝の気持ちを込めて、燃やせるゴミへ出す


 

まとめ

現代では、お正月を迎える方法も多様化していて、自宅で家族でお正月を迎えるということも少なくなっています。
それでも”お正月飾りはしている”というご家庭も多いことから、飾る日、下げる日、正しい処分方法を知ることで気持ちよく新年を過ごすことができます。

季節行事をきちんと行う習慣が薄れている昨今、世界の中でも四季があり、伝統文化が伝えられている数少ない国が日本です。季節行事を自分自身が知ることはもちろん、子供にもしっかり引き継いで行きたいものですね。