アンチバレンタインは男子だけじゃない!女性の本音を言わせて!

バレンタインチョコ,義理チョコ 会社 ライフスタイル

バレンタインデーが近づくたびにため息が出ていませんか?本命にチョコを渡すならまだしも、社内でチョコ配りは勘弁願いたい。でも言えないという雰囲気がアンチバレンタインの気持ちに拍車をかける

 

会社に入って面倒だなと思ったイベント

バレンタインチョコ,義理チョコ 会社
入社するのは4月、年始になって仕事も人間関係も慣れてきた頃、あの”バレンタインデー”が来ます。2月ですからね。
女性社員の中から代表者2人くらいで男性社員のチョコレートを休日を使って買いに行く。というなんとも非効率な事が行われていました。
会社によっては部署ごとに女性社員から男性社員へチョコレートを渡すところもあるみたいです。

伝統だからするのか?男性が喜ぶからするのか?それはわかりませんが、最後まで理解不能だったのですが、毎年この時期には必ずチョコレートを購入して男性社員に渡すという行事がなされてました。

そしてその1ヶ月後には、ホワイトデーが来ます。そうすると、男性社員からのお返しがあるのです。これって結局無駄じゃないの?と思うんです。一層のこと止めたらいいのにと思って提案しましたが、最初は女性社員も乗る気で、男性社員に聞いてもノリノリだったのに、土壇場で結局またチョコ購入してお渡し。何度も止めようと行動したのですが、結局は、いつもどんでん返しされるので諦めることになる。

賛成派の女性社員からは陰口叩かれるし、本当にいいことないです、バレンタインデーは。だからアンチになりやすい。

 

経済効果を考えるとアンチなんて言ってられない

バレンタインチョコ,義理チョコ 会社
ビジネスマンで経済の仕組みがわかると、バレンタインデーに渡す不義理チョコも経済効果の一環として考えれば我慢もできる。
この時期にチョコレート業界はきっとウハウハなんだろうし、経済とはお金がぐるぐる回って上向くものであるから、アンチなんて言ってられないのも分かる。

ただね、買いに行くのが面倒なの。通販でいいかしら?と思ったら通販で頼んだら自分の家に大量のチョコレートが届くじゃない。これもまた邪魔くさい。
とにかくいい方向へ考えても憂鬱になるバレンタインデーなのである。

 

本命がいなくて義理だけだと地獄のバレンタイン

バレンタインチョコ,義理チョコ 会社
本命がいないのに、義理チョコだけのためにデパートへ行って、人ごみにもみくちゃにされながら買出しを休日に行うという。
なんとも憂鬱な時間になる。そして購入した大量のチョコレートは重たく、その重たい大量のチョコを持ち帰り、バレンタイン当日に会社へ持っていく。
毎年こんな役割が回ってくると、正直言って疲れる。仕事を早くこなしたり、余裕がありそうな人から駆り出されるというのは、いささか不公平ではないのか?

文句も言えず、結局いつも自分に損な役回りが回ってくるという、会社側としてはありがたい存在だが、自分としては怒りが溜まりまくって叫びたくなるくらいだ。

本命がいない時ほど、この大量チョコを買い占める行為が苦痛なことはない。本命がいれば、市場調査もできて少しは気が紛れるが、それさえも楽しみがない。
義理チョコだけのために自分の休みが半分以上潰され、お金まだ出さなければいけないという、なんとも理不尽な事が毎年訪れるのである。

 

男性の本音はどうなの?

バレンタインチョコ,義理チョコ 会社
よくテレビで男性に義理チョコが嬉しいかというアンケートがあっているけど、まぁ~嬉しいような感じの統計になっているが、お返しが大変だというコメントが多数ある。
いやいや、こっちだって渡す必要がないなら時間とって休日潰してお金使って...そんな必要ないからね。と言いたい。

テレビを見ながら独り言のように言っている自分が怖くなるが、結局はなんだかんだ嬉しいんだろうと思った。
学生時代にチョコなんてもらえなかった、義理でさえも...という人も多いみたいだから、お返しは大変だけど、チョコがもらえるという状況は嬉しいらしい。
だったら少し頑張ってみるかな♪と気をよくしたのもあの言葉を男性社員から聞く前までの話。

会社の男性社員から聞いた言葉は、

「もう止めてもいいんじゃない?」

「お返しが大変だから~」

「別に欲しくない、くれるなら貰うけど」

プッチーンと切れました。だったら止めましょうといったのですが、お局に却下されました。
一体、この無駄なルーティンは何なんだ?今だに謎のままである。

 

女の戦い?バレンタインデーとホワイトデー

バレンタインチョコ,義理チョコ 会社
もうひとつ思い出したのが、女の戦いでもあるバレンタインデーとホワイトデーのお話です。
これも会社員で義理チョコにまつわる話なのですが、厄介なのは有名なチョコを選ばないといけない、金額に見合っていなければいけない、条件が厳しいバレンタインの義理チョコ。

「上司にはこれくらいのものを」

「奥様がグルメだからこれくらいのものを」

うわぁ~、面倒くさい!!いいじゃない、デパートのチョコなら全て美味しいはずさ!と思ってしまうのは庶民だからでしょうか。それともおもてなしの心がなってないのでしょうか。
もしかして、義理チョコって女の戦いでもあるのかしら?と思わせるような発言がチラホラです。
極めつけにはホワイトデーの上司からのお返しを見て、

「○○のチョコレート、○○上司の奥様はセンスがいい」

「○○チョコレートで抑えたんだ」

とか、値踏みをする先輩社員には、口あんぐりでした。この会社だけが特別なのかしら?と思うくらいひどいものだった。頂けただけでもありがたいと思わないのかしらね。
とにかく、バレンタインデーとホワイトデーは気疲れするので、仕事に集中できないから止めたい。その一心です。
今後、結婚して面倒な会社から解放されたとしても、相手の男性の会社がバレンタインデーとホワイトデーの風習が残っているならば、今度は○○さんの奥様としてお返しの時に品定めされるということ。
この事実が分かってからというもの、ずっとバレンタインデーとホワイトデーからは離れられないのだろうか?と2月3月は憂鬱になるのであった。

 

最後に...

バレンタインチョコ,義理チョコ 会社
本命だけにチョコをあげる日にして欲しい。シンプルにそうなって欲しいと心から願っている