若作りは危険がいっぱい!ナチュラルな若作りファンデを知りたい?

若作りファンデ,bb&ccクリーム,まつ毛 ライフスタイル

アラサーから気を使ってほしいのは若作りをしないこと。知らず知らずのうちにメイク、ファッション、ヘアスタイルが若作りになっていませんか?
若作りと言われない肌質を作るにはリキッドファンデの方が作りやすいのです。また厚塗り感があるとより老けて見えるのでナチュ肌をつくりつつ上品さを出すのがキメテです!

若作りはむしろ老けて見える

若作りファンデ,bb&ccクリーム,まつ毛
髪型やメイクファッションまで、年相応というものがあります。見た目若く見られるからと言っていつまでもフリル・リボンが必要以上についているファッション、ミニスカート・ショートパンツのファッションは痛さしかない。
髪型や髪のカラーもそうです。20代と同じ髪型にすると浮いてしまう。大人の女性こそシンプル・ナチュラルを上品に取り入れることが必須になってきます。

たまに見かけませんか?後姿は若いけど、前からみたら「…絶句」あんな風にはなりたくないと思った経験はないでしょうか?あれです、あのような痛いことにならないように気を付けましょう。
 

若作りに見られないために

若作りに見られないためにはポイントがあります。冷静に考えれば分かる事なのですがついついやりすぎてしまい、結果的に”年齢不相応”に仕上がってしまった。ということになりかねない。
いくつか例を挙げていきますので、あなた自身と照らし合わせてみてください。
 

レースやリボンなどのガーリー服

若作りファンデ,bb&ccクリーム,まつ毛
フリルがふりふりなものも含みます。アラサー以上が着用するとかなりイタイ感じになりますのでお気を付け下さい。甘×甘コーデはダメです。甘×辛コーデにシフトしましょう。
もっとやりすぎなのが、レース、リボン、フリルがついているもので淡い色の服はアウトです。
 

全身をプチプラファッションでコーデ

若作りファンデ,bb&ccクリーム,まつ毛
プチプラファッションを1か所だけに取り入れるならまだしも、全身プチプラファッションは避けましょう。どうしても取り入れる場合は、シンプルなもにを選んでください。ロゴ付はアウト!
 

過度な露出のファッション

若作りファンデ,bb&ccクリーム,まつ毛
過度な露出があるものは避けたほうがいい。胸元や背中が開きすぎているものは逆に年齢を晒してしまうことになります。デコルテや背中は年齢が出やすいのでご注意を!
過度な露出にスカート丈も含みます。ミニスカートはそろそろ卒業しましょう。色気を感じませんから。
 
プチプラコーデのブログが日常コーデに活用できる!厳選6ブログ
プチプラコーデを上手にするブロガーが増えてます。 ブログを見ているとUNIQLO、GU、しまむら、ZARA・・・ プチプラコーデのブログが日常コーデに活用できるブロガーさんをご紹介

 

ヘアスタイル・ヘアカラー

若作りファンデ,bb&ccクリーム,まつ毛
ヘアスタイルも年齢がありますよね。パッツン前髪はアラサーには無理がある。おでこのシワが気になるなら前髪を斜めに流すなど工夫をしましょう。
またヘアカラーも明るすぎると若作りに思われます。ダーク系の方がウケがいいです。(髪の色でダーク系が好まれるのは年齢関係なくですね^^)
 

アイメイク・カラコン・つけまつ毛

若作りファンデ,bb&ccクリーム,まつ毛
アイメイクはも一番年齢が出る箇所です。時代遅れのアイメイク、肌なじみしない派手なアイメイク、やたらとラインを引くメイク、カラコン、つけまつ毛などもプラスして盛りメイクにするとイタさが目立ちます。
大人の女性はカラコンは必要ないし、つけまつ毛よりもまつエクを少し足すくらいで止めておいてください。ビューラーを使いすぎず自然なまつ毛になるようにマスカラでロールアップしましょう。

> 自まつげを育毛するまつ毛美容液に注目!

 

若作りファンデは危険!

若作りファンデ,bb&ccクリーム,まつ毛
年齢と共に肌のくすみが気になりますが、シミやくすみをカバーするために重ね塗りベースメイクをすることで老けてみられるので注意が必要。しっかりカバーが出来るけど、ナチュラルな肌をつくれるファンデを使うようにしましょう。コンシーラーやBBクリームなどの重めのファンデは、時代遅れです。

カバーするつもりが厚塗りになって老けてみられるなんて残念なお話です。ベースメイク商品選びは肝なのです!

ベースメイク部門第1位の評価に納得のラウディ「BB&CCクリーム」を体験してみた!
ラウディ「BB&CCクリーム」を初めて知った時、BBクリームの”カバー力”とCCクリームの”ツヤ・透明感”を両立させたもので理想のベースメイクと言っていいでしょう。 女性ファッション雑誌では軒並みベースメイク部門で第一位を獲得していたので気になっていたの比較・体験してみた!


 

まとめ

いかがでしょうか。イタイ女とみられないためにも若作りではなく上品な女性らしさをキープすることが大切です。
年齢に合った商品を選んでいくように心がけ、自分の年齢や立ち位置を見返してみるとイタイ外見になることを避けられます。