ハイジニーナって知ってる?あそこの脱毛の話だよ!メリットについて考えてみた

ライフスタイル

ハイジニーナって所謂パイパンのことです。アソコの毛(VIO)を脱毛してつるっとさせちゃうことです。
やりたいけど恥ずかしい、しない方がいいんじゃないかとハイジニーナ(パイパン)について、”実はやるかどうか迷っている” ”知らなかった”という方のためにメリット・デメリットを含め情報公開していきます。

デリケートゾーンのムダ毛の話「ハイジニーナ」とは

ハイジニーナ 脱毛,モデル ハイジニーナ
デリケートゾーンのムダ毛といえば「ハイジニーナ脱毛」と最近では言うそうですが、所謂”パイパン”です(≧▽≦)
そうです!全てアソコの毛を脱毛してしまいツルッツルにしちゃうことです。

親しい間柄でもVIOラインと呼ばれる部分のムダ毛処理は聞くのに躊躇しますよね。

テレビでもVIOラインの脱毛について話すモデルさんが出てくるようになって、”私もやった方がいいのかしら?”と不安になっていませんか。
欧米ではエチケットとしても一般的とされているVIOラインの脱毛「ハイジニーナ脱毛」って気になりますよね。

そこで今回は「ハイジニーナ脱毛」について情報をシェアしていきます。
 

ハイジニーナってどういう意味なの?

ハイジニーナとはデリケートゾーン(VIOライン)のムダ毛処理を行った女性のことで、サロンや美容外科によってはそのまま脱毛法の名称になっていることがあります。

一般的に”ハイジーナ”という言葉を使われているのはデリケートゾーンの脱毛をしちゃった女性のことを言うようです。
しかし大ぴらに「私はハイジニーナ」とは言えませんよね^^

VIOラインを再確認してみよう!

ハイジニーナ 脱毛,モデル ハイジニーナ
▼Vライン・・・ビキニライン
恥骨上部の三角形の部分、下着でおおわれているトライアングルゾーンがVラインと呼ばれる個所。

▼Iライン・・・股の間のライン
女性器周りのヘアがIライン。
生理中の雑菌繁殖を軽減させる効果が期待できると言われている。ケアすることで臭いも抑える効果がある。

▼Oライン・・・肛門周辺
自分では見えない部分なので触ってみると生えているかどうかくらいは分かります。自力での処理は難しい部位になるので他人に任せるしかない。
 

ハイジニーナのメリットとデメリットについて

VIOラインのムダ毛処理を行うことは見た目がキレイ、下着や水着からはみ毛がないという美的視点から満足するということがあります。
ただの自己満足にならないためにもメリットとデメリットを知っておくと後に取り返しのつかないような事態は避けられるでしょう。

メリットについて

・臭いを軽減させる効果がある

・生理中の雑菌繁殖を軽減させる効果が期待できる

・デリケートゾーンにまつわる不快感を軽減できる

・可愛い水着や下着をムダ毛を気にせず着こなせる

思った以上にメリットは大きく、ハイジニーナ(パイパン)を見られても恥ずかしくないというメンタルが強い方にはおすすめです。

デメリットについて

・肌に合わない場合のトラブルが懸念される

・人に見られたら賛否が分かれるかも

・レーザーで脱毛した場合、ほぼ生えてくることはなく後悔しても毛がない状態のまま一生を過ごすことになる。

意味があるから毛があるということもあり、肌が弱い方は毛というクッションがなくなり肌が晒されるので肌トラブルになる可能性も含まれてます。
他に、友人と温泉へ行ってハイジニーナ(パイパン)を見られてドン引きされるなんてこともあるとかないとか…正直言って賛否が分かれるとことです。
 

男性の意見も聞いてみたい!

ハイジニーナ(パイパン)について男性はどのように考えているのでしょう。
実は肯定的な意見がとても多いことに気づきます。

レーザーで脱毛すると無毛になるし、なぜか肌が柔らかくなって触り心地がいい。

”ヴィーナスみたいでいい!”

”清潔感があっていい”

”興奮する”

などという肯定的な意見が多いようでした。ロリコン系が多いのかしら?とも勘ぐってみたり(;^_^A

まっ、衛生面でもいいという結果が出てますし、某番組で医師が”毛があるのは意味があるから生えているのだが、下の毛は別になくてもいい”と言ってましたしね。
肌が弱くなくてトラブルにならない方は考えてみてもいいんじゃないかなという結論に落ち着きました。
 

ハイジニーナ(VIO)脱毛してもらうならカウンセリングを密に

ハイジニーナ 脱毛,モデル ハイジニーナ
”アンダーヘアはなくてもいい!”という考えであったとしても、もしレーザー脱毛なら無毛になる可能性が高いので、特にカウンセリングを密に行って話し合いをキッチリしておきましょう。
自分の意見も恥ずかしがらずにしっかり伝えることが自分の認識と施術側の認識のズレを埋める最大の手段です。
・Vラインだけの脱毛だったら形はどうするのか?

・本当にすべて除去していいのか?将来的なことも考えての事なのか?

色々と相談に乗っていただいて最終的な判断をした方が後悔しない。
全て除去することもできますが、将来的なことも考えて慎重に決めた方がいいでしょう。

関連記事,nachubi,ナチュビお金がないから脱毛できないは古い!全身脱毛済みの子が急増?話題のシースリー
 

完全に処理して困った事例もある

完全にムダ毛を処理してしまい、レーザーで脱毛したものだからほぼ生えてこない状態になりました。
最初は良かったのですが何かの原因で後悔してしまうことがある。それは…

”彼に遊び人と思われた”
”温泉に行ったとき恥ずかしい思いをした”

などという声があったのです。
本人が良ければ問題ないのですが、一度なくなってしまった毛は取り戻すことができません。
想定外のことが起こった時のためにも残しておいた方がいいのかも…という考えが少しでも頭をよぎったら別の方法もあるので立ち止まってみましょう。
 

こんな脱毛方法もある!

背中ニキビ,ルフィーナ
レーザー脱毛がどんなに脱毛効果が高いと言っても1回でツルツルになるわけでもなく、細くなった毛は出てきます。数回繰り返しレーザーを当てて初めてツルツルになるのです。
この性質を使って脱毛回数を変えればいいだけ!

Vライン、下着や水着からはみ出る部分、Oラインはきれいに脱毛したとして問題はIラインです。
Iラインは、1回か2回レーザーを当てる→3回目はレーザーを当てず放置する。

このくらいで毛の量が減って程よいアンダーヘアが出来上がるというわけです。

全てなくしてしまう(ハイジニーナになる)のは冒険しすぎかな~と思ったら、こういう方法も取れるかどうかをカウンセリングで相談してみましょう。

関連記事,nachubi,ナチュビ脱毛をキレイで長持ちさせたい!自宅でムダ毛処理のコツ♡
 

まとめ

ハイジニーナ(パイパン)になるのは最初は恥ずかしいかもしれませんが、衛生面ではいい効果を発揮してくれるのです。
女性は月に一回あの日がやってきますから、不快感も緩和されるのです。
ただ全て脱毛してほぼ生えてこない状態にしたら、”やっぱり少し毛が欲しい”と思っても毛を増やすことはできません。
少しだけ残して、小さな下着や水着からはみ出ない程度に残すという手もありますよね!後悔しないようにじっくり考えて判断してください。