モデル体型に近づくなら「スクワット」と「プロテイン」

30日間スクワット,美尻,ダイエット 美容

痩せたいなら腹筋より断然コレ⇒「スクワット」をすべし!

ヴィクトリアシークレットのモデルに選ばれた人たちも推奨しているスクワットなら、どこでも手軽にできてメリハリ美ボディを目指せるのです。

スクワットならジムへ通う必要もないし自宅でスキマ時間にできるのもメリットです♪

身長から導き出す理想の3サイズの計算方法もシェアするから、まずはそこを目指して「スクワット」を取り入れてみよう!

なぜ腹筋よりスクワットなのか?

体脂肪が減ると見た目がひと回り小さく見えるようになる。
それは、ぜい肉から筋肉になり体が引き締まるからです。

それに体脂肪って全身まんべんなく減るもので、”一部分”だけなんてことはないのですよ。
だから増えるときも全身まんべんなく増える。

お腹のぜい肉をとりたいからと言って腹筋だけしても体脂肪は思うように減らない。

では、なぜ腹筋ではないのか?というと

腹筋運動で鍛えられる腹直筋などのお腹回りの筋量はさほど多くないからです。

そして推奨している「スクワット」は、太ももの筋肉を使います。
そこは体の中でも筋肉量の多い箇所なので効率がいいのです。

腹筋は小さな筋肉、太ももは大きな筋肉という違い

腹筋は小さな筋肉なので頑張って鍛えても全身の筋肉総量に比べると微増くらい。

なので、消費カロリーへの影響も少なく基礎代謝がアップすることもほぼありません。
腹筋運動は、痩せる、筋肉量を増やし代謝をアップするのに効率が悪く不向きの部位ってことですね。

なんとなくお気づきかと思いますが、

筋トレするなら”筋量の多い箇所を鍛える

これこそが

  • 直接のエネルギー消費
  • 筋肉量を増やし代謝をアップする

にふさわしい方法となります。

そして、筋肉量が多いといわれている部位が”太ももです。
だからこそ腹筋ではなく「スクワット」なのです。

スクワットの筋肉量アップ効果

スクワットを15回すると腹筋500回と同じ筋肉量

なので、どちらが効率的か?というと「スクワット」ですよね。

効率よく痩せるための筋トレには「スクワット」こそがふさわしいのです。
だってスクワットなら15回で済んじゃうんだもん。

自宅で気軽にできる
家事の隙間時間でもできる

スクワットの姿勢をきっちり守りさえすれば1日に何百回もする必要もない。

極端な話、「スクワット15回を3セット」を毎日続けるだけでも1か月後には目に見えて効果が表れてきます。

ただし、スクワットは正しい方法で行わないと非効率です。
少ない回数でも効率的に筋肉量を増やし代謝をアップしましょう!

なつ
なつ

すきま時間やTVを見ながらできるからスクワットって楽~♪
それに太ももが引き締まってヒップアップになるから服がかっこよく着こなせるようになるの♪

女性は欲張り!痩せてメリハリのある美ボディへ

女性は欲張りです。痩せたいけど胸は大きくなりたい!とワガママです。

美に対して貪欲なのです!

スクワットならこの”ワガママ”を真実にしてくれます。

なぜかって?

スクワットって腹筋や太ももだけに効果があると思っていますか?

実は、ヒップアップ効果もある方法が「スクワットなのです。

またスクワットのやり方によっては「二の腕ホッソリ」「バストアップ効果」も期待できる方法もあります。
なりたい理想体型に応じてスクワット方法を取り入れれば、隙間時間を使ってしなやかな美ボディに近づけます。

スクワット+αのやり方は以前美尻になるための30日間スクワットチャレンジを実行!で説明しているので参考にしてください。

その前に、理想のボディサイズを知って目標を立てましょう♪

理想のボディサイズ指標

念のため下着メーカーさんが提唱している理想のボディサイズ指標を身長から算出する方法があるのでお伝えします。
現時点のあなたは指標とどのくらい差があるのかの判断材料にしてください。

・理想のバスト=身長×0.54
・理想のウエスト=身長×0.38
・理想のヒップ=身長×0.54
(※身長は㎝換算)

例えば…身長が158㎝なら

  • 理想のバスト⇒85.32㎝
  • 理想のウエスト⇒60.04㎝
  • 理想のヒップ⇒85.32㎝

バストとヒップは同じ数値になるのが理想ってことですね^^

なつ
なつ

これってモデル体型なので、ここまで頑張らずとも3センチくらいのズレはOKにしていいと思うよ♪


バストアップ、ウエスト引き締め、ヒップアップには適度な筋肉量が必須なので、しなやかでキレイな筋肉をつけるためには「タンパク質量」にもこだわってください。

しなやかでキレイな筋肉をつける・キープする方法

海外セレブの間でも筋トレやジョギングをしてキレイな体づくりを目指す女性が増えています。

そして近年では、ただ細いだけの体に魅力を感じる時代ではなく引き締まったボディ、健康美を重視するようになりました。

その結果、トレーニングが日課になっている女性も増えていますよね。

ただ、理想的な美ボディを手に入れるにはトレーニングのようにフィジカルだけアプローチするのではなく、体の内側からもサポートが必要なのです。

その内側からサポートする成分は「タンパク質量
簡単に摂取できるのは「プロテイン」です。

プロテインは体づくりに重要なもの

たんぱく質(プロテイン)は、運動後の筋肉の回復にも使われ
また、筋肉だけではなく皮膚や爪、骨といった体を構成するための材料となる大切な栄養素です。

タンパク質摂取量が不足してしまうと、日々入れ替わる細胞の新陳代謝に良くない影響が出るので毎日の摂取が必要な栄養素なのです。

1日に必要なタンパク質の量は、運動をしていない人でも体重1㎏当たり1gが理想とされています。

例えば体重50㎏であれば、1日に50g以上のタンパク質を摂取する必要があるということです。

たんぱく質量50gの食事量は
・ゆで卵なら7.7個分
・納豆(30g)なら10パック
・絹ごし豆腐(300g)なら3.4丁
・サラダチキン(115g)なら2本

残念ながらこれだけの摂取量を満たしている現代人は少ないのです。

目標摂取量を毎日クリアするには意識的にタンパク質を摂らなければ難しいということが分かっていただけたと思います。

そこで、一定してタンパク質量を摂取するために
より手軽に多く摂れるのが「プロテイン」です。

トレーニングしている人たちは、プロテインで足りない分を補うことで理想的な体型をキープしているのです。

プロテインは飲みづらい

タンパク質を摂取したほうが美容と健康に、そして引き締まったボディづくりに効率的だということは理解できます。

しかし、いざプロテインを飲もうと商品を購入しても高確率で続かない。

なぜなら、味にクセがあるからです。
率直に言うと…美味しくないのです。

美味しくない=継続できない

プロテイン生活が続かない最大のデメリットです。

なので、美味しく飲めるプロテインを取り入れることが最大の課題となります。

毎日コーヒーの代わりに「カフェテイン」

カフェテイン,プロテイン
カフェテイン

毎日飲むならカラダにやさしい&美味しいものを!

ということでカフェテインは

  • 添加物を一切使用していない
  • 砂糖・食塩も配合していない

コーヒーの代わりになるだけでなく、
複数の豆をブレンドして本格的な味に近づけているので飲みやすい。

飲みやすいということは継続できるので
結果がカラダに出やすいというメリットもあります。

カフェテインはたんぱく質だけじゃない!

カフェテイン,プロテイン
カフェテインの成分
  • 元気のサポート→カフェインクロロゲン
  • コンディション維持のため→たんぱく質酵素
  • キレイを実感→食物繊維エラスチン

これらでカラダのトータルバランスを整えます。

また、カフェテインに含まれる栄養素は、特に女性に嬉しい内容となっています。

  • 筋力を保つためのホエイプロテインを使用
  • 18種類のアミノ酸
  • 各種ビタミンミネラル
  • 食物繊維

これらの栄養素酵素を含んでいるので
筋肉量と基礎代謝量の維持が同時にできます

それが「カフェテイン」です。

たんぱく質が不足しているサイン

  • 運動しても結果が出ない
  • コンディション(体調)に自信がない
  • もっと元気が欲しい
  • 最近体調が気になる
  • 朝からスッキリとしない
  • 余裕のある生活を送りたい

また、疲れやすいとか集中力が維持できない!

なんてことも深く関係しているし
美容と健康維持に欠かせないので
何らかの形でタンパク質を補った方が自分が楽になりますよ!

カフェテイン,プロテイン
⇒「カフェテイン」の詳細はこちら!

プロテインを摂った方が良い理由は美容と健康の為

プロテインとは日本語でタンパク質のことです。

タンパク質は体を構成するために非常に大切な栄養素で、筋肉、皮膚、爪、骨に全て関わっています。

日々のタンパク質の摂取量が不足するだけで身体に良くない影響が出ると言われているくらいですから、必須成分なのですね!

タンパク質が不足すると...

最も身近に起こる不調は、筋肉量の減少、肌や髪のトラブル、集中力・思考力のです。
この3点について簡単に説明します。

筋肉量の減少

筋肉を作る原料となるのはタンパク質で、臓器も筋肉でできているのです。
ダイエットで低カロリーの食事ばかりの生活を送る、高脂肪の食事を続けていると体内のタンパク質を不足させてしまう事になる

結果、基礎代謝が落ちて太りやすく痩せにくい体質に傾いてしまう。

ダイエットしても痩せない、体調が悪くなるのはタンパク質不足による筋肉量減少が原因だったのかもしれません。

肌や髪のトラブル

肌のハリやツヤ、弾力を維持するコラーゲンはタンパク質から構成されています。
体内のタンパク質が不足してしまうとコラーゲンそのものが減少してしまうという恐ろしいことになる。

また皮膚組織の大部分を占める真皮の材料となっているのもコラーゲンです。
だからコラーゲン入り○○という食材やサプリが重宝され、コラーゲン配合のスキンケアが注目されますよね。

コラーゲンにエラスチンという体の構造を担うたんぱく質が加わって肌に弾力を与えると言われています。

また、タンパク質が不足するとエラスチンの動きも鈍くなり
シワやたるみの原因に繋がると考えられています。

髪の毛も例外ではなく、大部分はケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されています。
なので、タンパク質が不足することで枝毛や切れ毛の原因にもなり、薄毛を招く可能性もあるのです。

なつ
なつ

コラーゲンは摂取しているけどタンパク質に注目したことはなかったの。
この事実を知るとタンパク質の重要性がよく分かりますよね。怖い!

「カフェテイン」って酵素も一緒に摂れちゃうの♪
\ダイエットサポートにもなるから女性の味方よ!/
カフェテイン,プロテイン
⇒カフェテインが71%OFFの特別オファーはこちら!

集中力・思考力の低下

ドーパミンはやる気を出してくれる神経伝達物質、セロトニンは気持ちをリラックスさせてくれる神経物質。
これらはタンパク質をつくる最少成分のアミノ酸からできています。

ですのでタンパク質が不足すると、神経伝達物質が脳内で作られず働きも鈍くなってしまいます。

心身の不調はタンパク質不足だけとは限りませんが、不調を招いている一因になっている可能性は非常に高いのです。

なつ
なつ

症状を悪化させない、毎日を元気に生き生き過ごすためにも、タンパク質をしっかり補う癖をつけるって大切なことなのね!

1日に必要なタンパク質の量

特に運動をしていない人でも体重1㎏あたり1gが理想とされています。

ということは、

体重が50㎏なら50g以上のタンパク質を摂取する必要があるということ。

牛ステーキでこれだけのタンパク質を摂取しようとすると...
なんと250gもお肉を食べなくちゃいけない!

くぅ~、ダイエットしていたらこの肉の量は気になる。

運動している人だとタンパク質の摂取量が変わります。
体重1㎏あたり1.5g~3gは必要
となります。

250㎏の1.5倍~3倍のお肉の量を毎日食べるなんて、ムリです(T_T)

こうなると食事だけでは摂取するのが難しい。
それだけでなく、余分な脂肪分等まで摂ることになるので、筋肉量アップのため美容と健康の為に摂取のつもりが太ってしまった!なんてね事になりかねません。

かなり意識的にタンパク質を摂らないと1日の摂取量にはならないのでプロテインドリンクが重宝するのです。

「カフェテイン」ならコーヒー代わりに飲めるので、気軽にプロテインを摂取できるっていうメリットがあります。

なつ
なつ

プロテインって継続しないと意味がないからね!美味しくて手軽なプロテインじゃないと飲めないもん♪

「カフェテイン」って酵素も一緒に摂れちゃうの♪
\ダイエットサポートにもなるから女性の味方よ!/
カフェテイン,プロテイン
⇒カフェテインが71%OFFの特別オファーはこちら!

カフェテインの購入はどこ?薬局で手に入るのか

どうせ買うなら安く買いたいし、外出ついでに薬局やドラッグストアで買えるならいいなって思いますよね。

しかし…残念なことに「カフェテイン」は薬局、ドラッグストアでは販売してません。

正式に購入できるのは
こちらの公式サイトだけです。

▼ ▼ ▼
>>カフェテイン<<

定期コース限定となりますが、通常価格5,980円が初回限定で71%OFFになります。

お試し飲みするにはお財布にも優しいので

「とりあえず飲んでみたい!」
「プロテインをもっと気軽に取り入れたい!」
「酵素も同時に摂りたい!」

という方に「カフェテイン」が美容と健康の手助けになるでしょう^^

\見ていただいた人だけの特別オファー♪/
カフェテイン,プロテイン
>>「カフェテイン」の詳細はこちら

まとめ

プロテインは女性が毎日を生き生きと過ごすために必須栄養素。
なのに、毎日の摂取量が足りていない現状です。

毎日の食生活から摂取するのは理想ですが、
どうしても足りない時は補助食品を使った方がいい。

毎日のコーヒー代わりになるくらい気軽に飲めると継続できるので「カフェテイン」をご紹介しました。

プロテインを含め、健康サプリ系は継続することが大切です。
まずは自分に合う「プロテイン」を探す第一歩として「カフェテイン」なら胸を張っておすすめできます♪

なつ
なつ

スクワットなどエクササイズも大事だけど、その後の筋肉ケアに「プロテイン」を摂取することも忘れないでね♪

\初回1.980円だからお試し飲みしやすいよ/カフェテイン
⇒詳細はこちらから!

タイトルとURLをコピーしました