アンドビー UVミルクの色選びが決め手!ツヤ肌になる使い方

アンドビー UVミルク 色,アンドビー UVミルク 使い方 美容

アンドビー UVミルクのカラーは2色展開です。
どちらを使うかによって血色やツヤ感が変わるし、ポイントメイクの映え具合にも影響するので色選びは大事。

また、アンドビー UVミルクの使い方を知ってるだけで仕上がりが変わるので、是非コツをつかんでください。

アンドビー UVミルクの色選び

まずは色展開を知ってどちらの色が自分の肌になじむのか?タイプを見定めでください。

スタンダード

アンドビー UVミルク 色

実際のカラーは乳白色で
色白から普通肌の方向きのカラーです。

白浮きしないようにしながら肌を明るくし、
くすみを隠してくれます。

ナチュラルベージュ

アンドビー UVミルク 色

メイク下地にあるようなベージュで
普通肌から健康的な肌色の方向きのカラーです。

肌によくなじむスキントーンカラーとなっています。

スタンダードは、かなり色白の方でないと
白浮きしやすいという口コミも多く注意が必要です。

ナチュラルベージュの方が肌に馴染むので
普通肌より暗めの肌色の方はこちらを選ぶ方が無難です。

美容に明るい人は2色をミックスして使う人が多く
混ぜ具合であなたの肌色に合わせることができるのでおすすめの使い方です。

2色使いのポイントも含めて使い方のコツをつかむとツヤ肌が短時間で作れます。

アンドビー UVミルクの使い方

アンドビー UVミルクの使い方は簡単なので、不器用さんでも大丈夫!

小豆大程を手に取り、顔、体にムラなく馴染ませるだけです。

紫外線対策をしっかりしたい方は
朝、一度塗っただけでは不安なので
こまめに塗り直すようにしてください。

(※紫外線対策は肌にダメージを与えないためにも必須だから手間でもちゃんとやってね♪)

先にご紹介したように、アンドビー UVミルクは
2色展開となっているので肌の色に合わせて選ぶことが重要になってきます。

ナチュラルベージュは肌に馴染むけど暗く感じる人もいます。
スタンダードを使ってみると肌のトーンは明るくなるけど白浮きするという人もいます。

肌の色は大なり小なりみんな違うので
全ての色に合わせた下地を作るのは難しいのです。

ですが、アンドビーの場合は2色をミックスして使うという方法がありご自身の肌の色に近づけることができます。

まずは手の甲にスタンダードとナチュラルベージュを1対1の割合で出して混ぜてみましょう。

ご自身の肌色により混ぜる割合が変わってきますので、
工夫してミックスして自分の肌に合う割合を探してみてください。

2色とも購入しても、他社の有名な下地1本と同じくらいのお値段です。
また、2色購入することで当分は下地を購入しなくて済むので
想像よりも安上がりでコスパがイイのです。

また、首からデコルテ部分のUVケアにも使えるので評判がいいんですよ。

素肌をキレイに見せたい方
べたつく日焼け止めが苦手な方
ケミカル処方の日焼け止めでは肌荒れしてしまう方

色んな使い方があるのもアンドビーUVミルクの優秀ポイントです。

★amazonで確認する⇒アンドビーUVミルク
★楽天市場で確認する⇒アンドビーUVミルク

肌に優しい成分で「SPF50・PA++++」夢のようなアイテム

「SPF50・PA++++」と聞くと
UVケア力が高い分、肌に刺激的な成分が配合されてて使えないと思われがちですが
アンドビー UVミルクはノンケミカル処方なので今までの心配から解放されます。

  • 紫外線吸収剤
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • タール系色素
  • エタノール
  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 合成酸化防止剤

旧指定表示成分は不使用となっています。
お肌が弱い人からみると、これだけでも安心材料となります。

アンドビー UVミルクはノンケミカル処方なのに!
PF50・PA++++を実現しているので肌が弱い人のための紫外線対策アイテムなのです。

紫外線や環境ストレスから肌を守る成分

その他にもお肌に優しい成分で作られている「アンドビーUVミルク」の実力をご覧ください。

オウゴン根エキス、キュアベリー(ビルベリー葉エキス)

PM2.5、花粉、排気ガス、たばこの煙などのストレスからガードし、
肌荒れを抑えてくれる働きがあります。

イザヨイバラエキス、ソメイヨシノ葉エキス

紫外線による肌荒れや乾燥からのダメージを予防する働きがあります。

保湿成分として

シロキクラゲ多糖体、スイゼンジノリ多糖体、リピジュア(ポリクオタニウム-51)

肌が乾燥しないようにガードしてくれる高機能保湿成分で、
潤いが溢れ滑らかな肌を保つ働きがあります。

注意点

ノンケミカル処方(紫外線吸収剤不使用)で肌に優しいのですが、
注意しなくてはいけない成分も配合されています。

金属アレルギーを持っている方は、
アンドビーUVミルクに酸化亜鉛が入っているのでアレルギー反応が出る場合があります。

また、香料のためにマンダリンオレンジ油などの精油も入っていますが、
精油にアレルギー反応を起こす方がいますので注意してください。

使用して肌や体調などに変化があった場合は、
無理して使用するのはやめるようにしましょうね。

「アンドビー UVミルク」は、
基本的に石鹸で落とすことが出来るのですが
アミノ酸系などの優しい洗浄力の石鹸類では、
完全に落とすことが出来ない可能性があります。

その際は、クレンジング剤を使用すると
完全に落とすことが出来ます。

お肌と相談しながらあなたの紫外線対策に取り入れてください。

アンドビー UVミルク 選ばれる理由

アンドビー UVミルクが口コミでも評価が高く
多くの女性に選ばれている理由を挙げてみました。

ノンケミカル処方なのにPF50

ノンケミカル処方だと肌に優しいけど紫外線を防ぐ数値が低くなります。
しかし、アンドビー UVミルクは「PF50・PA++++」と表示数値は高く、紫外線からお肌を守ってくれます。

肌が弱く紫外線対策に困っていた人たちにも安心して使ってもらえます。

微細パールでツヤ見せ肌を実現

アンドビー UVミルク 色,アンドビー UVミルク 使い方
出典:&be UVミルク

こだわりの微細パールを配合し
透明感があるキメの整った肌を演出します。
また、肌もトーンアップし明るくなることでポイントメイクが映えます。

洗顔石鹸やボディソープで落とすことが出来る

通常の日焼け止めはクレンジングオイルを使用しないとキレイに落とせない商品が多くあります。

しかしアンドビー UVミルクは石鹸で落とすことが出来るので
お顔に使用した場合は洗顔石けんで、体に使用した場合はボディソープで洗い流すことができます。
愛用している方々から”使いやすいね”と言われているポイントです。

コスパが良い

一度の使用量が小豆大くらいでOKなので
1本購入すると長く使えるため面積の広いボディに使っても「勿体ない」と罪悪感なく使える。
とにかくコスパが良い!

メイク前の下地にも使える

メイクの際に下地の代わりにも使うことが出来ます。
顔に使うものだからノンケミカル処方ナノは嬉しい。

また、下地に使うことで日焼け止めだけでなく上品なパール感がツヤのある肌を演出してくれる。

子供や家族と一緒に使うことが出来る

肌に優しいノンケミカル処方なので、子供と一緒に使うことが出来ます。
わざわざ子供用に…と購入しなくていいし、子どもに日焼け止めクリーム塗るの忘れた!と思っても
バッグにアンドビーUVミルクが1本入っていれば慌てなくて済みます。

べたつきがないので使いやすい

通常の日焼け止めは、べたべたするものが多いですが
アンドビー UVミルクはべたつきなく使え、伸びが良いので使いやすいと評判です。

塗りやすいく使いやすい

ノンケミカル処方は塗る時に滑らかに塗ることが出来ない、
と言われることが多いのですが、
アンドビー UVミルクはノンケミカル処方でもさっと塗れて使いやすい。

SPF50・PA++++で安心

肌に優しいノンケミカル処方なのに「SPF50・PA++++」なので
紫外線を強力にカットしてくれる。
たくさんの方がリピーターになっています。

★amazonで確認する⇒アンドビーUVミルク
★楽天市場で確認する⇒アンドビーUVミルク

アンドビーUVミルクのまとめ

アンドビー UVミルクは、スタンダードとナチュラルベージュの
2色展開となっており、自分の肌の色に合わせて選んだり、
2つの色をミックスして使ったりすることも出来ます。

カバー力はないですが、肌の色を均一に綺麗に見せてくれます。

ノンケミカル処方なのに「SPF50・PA++++」を実現し、
紫外線から肌を強力ガードしてくれます。

紫外線吸収剤や石油系界面活性剤など、肌に良くないとされているものは使われていない。
紫外線や環境ストレスからガードするためにオウゴン根エキス、ソメイヨシノ葉エキスなどが贅沢に配合されていて、お肌に優しい処方になっている。

ノンケミカル処方なのに馴染ませやすい、
ツヤ肌になることが出来るといった理由からリピーターも多数。

もっと使いやすい日焼け止めはないかな?
家族一緒に使えるものが欲しい、
メイク下地になり優秀なものを探している

ということであれば
アンドビー UVミルクがあなたの紫外線対策とツヤ肌作りの救世主になるはずです。

タイトルとURLをコピーしました