オイルクレンジング 肌に悪いって嘘!よくある誤解と選び方

アテニア クレンジング 口コミ,アテニア クレンジング 毛穴,アテニア クレンジング 黒ずみ,アテニア クレンジング くすみ 美容

一時期、「オイルクレンジングは肌に悪い」と言われていました。

その原因は、

「肌が乾燥する」
「ニキビができる」
「肌に負担がある」

否定派の意見が多くなったからです。

しかし最近はオイルクレンジングの良さが見直されていますので、よくある誤解とオイルクレンジングの選び方をご紹介します。

オイルクレンジングは肌に悪い、良くないってなぜ?

アテニア クレンジング 口コミ,アテニア クレンジング 毛穴,アテニア クレンジング 黒ずみ,アテニア クレンジング くすみ

オイルクレンジングは肌を乾燥させるから肌に悪い、良くないということを耳にします。

結論として「その可能性はある」と言えます。

その理由は、オイルクレンジングの洗浄力が高いからです。
しかも、洗浄力の高さは数あるクレンジング料の中でもトップクラスです。

油だけで出来ていることが洗浄力を高める

ベースメイクを落とすことがクレンジングの目的ですが
油溶成分の配合量が多いベースメイクをしっかり落とすには
同じ油溶性でしか巻き込むことはできません。

ベースメイク料は一般的に油溶性分配合量が多いため
オイルクレンジングの油分ならしっかり落とすことができるのです。

クレンジング料は「落とす」ことが目的だけど…

なぜ洗浄力が高いことと問題なのか?

それは、ベースメイクを落とす以外に
肌のうるおい成分まで奪ってしまうからです。

肌の性質上、どちらかというと「油寄り」なので
皮脂の油(脂)はオイルクレンジングの油となじみます。

そのため、肌が持っている皮膚のうるおい成分の”油”を取り過ぎてしまう可能性もあるのです。

結果、肌が乾燥しやすい人がオイルクレンジングを使うとうるおい成分を取り過ぎてしまって乾燥が進み、肌荒れを引き起こす原因となってしまうのです。

オイルクレンジングは”肌に悪い””良くない”という噂の要因は
1.肌の油を取り過ぎてしまう
2.洗浄力が強い
ということ。

オイルクレンジングは乾燥肌に不向きなのか?

洗浄力が強くて、肌の油を取り過ぎてしまうなら乾燥肌には適さない…と判断するのは早まった考えです。
というのも、オイルクレンジングと言っても洗浄力には差があります。

オイルは洗浄力を高くすることもできますが
肌に優しい洗浄レベルにすることもできます。

どんな洗浄剤を選択し、どのように配合されているかがポイントとなり、
また数種の洗浄剤の配合量によって洗浄力の高さは異なります。

採用するオイルも重要だし、油もその特性はそれぞれ異なり

  • ベースメイク料になじみやすいもの
  • ポイントメイク料になじみやすいもの
  • 皮脂になじみやすいもの

などどんなタイプの汚れに対してなじみやすいかが違います。

例えば、「皮脂になじみやすい油」ばかり配合されていると皮脂表面の汚れと一体になった皮脂やメイク汚れだけでなく、肌のうるおいとして必要な皮脂も取ってしまう可能性もあります。

このように洗浄剤の配合バランスとその関係、
またどんな種類の油を使っているか、
その配合バランスはどうなのか、

によってオイルクレンジングの洗浄力に差が出るし
「何を取るのか」に差が出る可能性は大きいということになるのです。

結果、

  1. 汚れの取れ方のレベル
  2. 使用後の肌状態

この2点にも差が出てきて

肌に合うかどうか、乾燥肌でも問題なく使えるかどうかは、商品の成分や処方の特長によって異なるのです。

クレンジング選びのポイント

自分の肌にとって好ましいオイルクレンジング料かどうかが重要となります。

  1. クレンジング後に肌の乾燥を感じない
  2. ベースメイク料となじみが良い
  3. 洗い流して肌に残ってる感がない
  4. 短時間で洗い流しが終了する

以上の4点が判断のポイント。

使ってみて

「ちゃんとベースメイクが落ちてない気がする」

という違和感を持った場合は、他のクレンジングに変えましょう。

オイルクレンジングだから肌が乾燥するという時代遅れな考えではなく、ご自身が使っているベースメイク料になじむかどうかを肌でしっかり感じて欲しいのです。

こんな口コミがあると色々考えちゃう

間違った情報でオイルクレンジングをしてしまうと、お肌にトラブルを抱えてしまいます。

せっかくメイクや肌の汚れを落とそうとクレンジングしているのに、逆効果になってしまうことも…

どのような失敗をして、肌への悪影響を体験してしまったのか?

オイルクレンジングを正しく使うためにも、失敗談や間違った使い方が引き起こす肌への悪影響も知っておきましょう!

「オイルは悪いイメージあるけど、オイルの方がさっと落ちるからおすすめって皮膚科の友利先生が言ってたファンケルいいよね」

引用元:ガールズちゃんねる

「今までミルクやジェルやら散々試してきたけれど、ファンケルのオイルクレンジングにしてから、それ以外無理になった。するって落ちるから気持ちがいい。」

引用元:ガールズちゃんねる

「夏はオイルクレンジングしないと顔がザラザラだしごわついて本当に無理。他の角栓とる手段も色々試したけどオイルクレンジングが一番とれる。顔からプツプツとした粒が一杯とれてくる」

引用元:ガールズちゃんねる

「厚化粧だからオイル以外無理だ。肌トラブルはないから大丈夫って信じてる。」

引用元:ガールズちゃんねる

「何系のオイルクレンジングかによる。油脂系なら脱脂力そんなに強くないから強いミルクやジェルより優しかったりする。 」

引用元:ガールズちゃんねる

肌に合う合わないは人それぞれだけど

”オイルクレンジングだから悪い!”
”クリームクレンジングだから肌に優しくていい!”

とは、一概に言えないということが実際に使っている人の意見を聞くとよく分かります。

オイルクレンジングが肌に悪いというのは、
オイルクレンジングの特性を知らず
自分の肌に合うかどうかも分からずに使っていたことが原因です。

正しい使い方や相性さえわかれば、
オイルクレンジングの魅力は格段にアップします。

また、あなたの肌の救世主になります。

悪い噂を信じて「オイルクレンジングを敬遠していた…」ということであれば、これを機に使い方や相性を知ってクレンジングの見直しをしてみませんか?

使い方で変わるオイルクレンジングの秘密

オイルクレンジングは正しい使い方さえ分かっちゃえば、多くの女性の味方になってくれるケアアイテムです。

1.オイルをつける前に顔を濡らさない

濡れても使えると記載されているオイルクレンジングもありますが、基本的には「乾いた手と顔」に使ってください。

水を先に使ってしまうとオイル本来の力が発揮されずメイク料が肌に残ってしまうということになっちゃうのです。その結果、毛穴に汚れや油が詰まってニキビや肌荒れの原因になってしまうのです。

塗れた手でも使えるオイルクレンジングもあります。
興味のある方は「アテニア クレンジング体験レビュー!毛穴・黒ずみ・くすみが…」をご覧ください。
ちなみにまつエクにも使えるクレンジングオイルです!

2.長時間ゴシゴシ洗わないこと

オイルは洗浄力が高いと言いましたが、肌になじませた瞬間にメイク料を浮き上がらせてくれるので、必要以上にゴシゴシしなくてもいいのです。

オイルをお肌になじませたら、力を入れずに優しくくるくると…30秒ほどで十分なのです。

3.一番重要なのは「乳化」です!

これがオイルクレンジング悪論の原因かもしれません。

ほとんどの方がやっていないのですが、乳化」が一番大切なんです。
乳化とは、油(オイルクレンジング)と水(ぬるま湯)を混ぜることを「乳化」と言います。

油と水はまじりあわない物質だってことは分かると思います。洗い流しただけでは落ちないのです。
ただ、クレンジングには乳化剤というものが含まれているので、本来まじりあわない性質の油と水を混ぜて洗い流しやすくしてくれます。

オイルクレンジングをした顔をぬるま湯でまんべんなく濡らし、優しくクルクルと馴染ませるだけ。

そうすると油と水が混ざって白く濁っていきます。

あとはぬるま湯で優しくすすいでください。
一度乳化をしているのでゴシゴシする必要はないし、すすぐだけでキレイに落ちます。

⇒マツエクにも使える優秀なオイルクレンジング

ダブル洗顔不要の肌に優しいタイプ

出来る限り肌に優しいタイプのオイルクレンジングをと探しているなら、ダブル洗顔不要「アテニア スキンクリアクレンズオイル」はお手軽です。

お手軽とは・・・

  • コスパ良し
  • 使い心地良し
  • 繊細な肌の人も使えてる
  • 肌が乾燥しない
  • W洗顔不要
  • 洗顔後の手触りが変わる
  • 一度使っただけで肌が違う

言いすぎでしょ…と言われそうですが
実際に敏感肌で超乾燥肌の私は使い続けて、他のクレンジングが使えなくなりました。
何より安いのは大助かり♪

アテニア クレンジング 口コミ,アテニア クレンジング 毛穴,アテニア クレンジング 黒ずみ,アテニア クレンジング くすみ

・4つの高級美容オイルが使われている
・ダブル洗顔不要
・お財布に優しい
・1本で2ヶ月使える

4つの高級美容オイルとは、ロックローズオイル、イモーテルオイル、バオバブオイル、アルガンオイルです。

お肌の手触りが変わる体験をしてほしいです。

⇒ダブル洗顔不要のオイルクレンジング

コメント

タイトルとURLをコピーしました