アトピスマイルはアトピーや顔のかゆみに使えるクリーム

アトピー 保湿 セラミド,アトピスマイル 美容

アトピーと言っても、ひどい時期から治まってる時期まで肌環境によって違います。

アトピスマイルはノンステロイドなので
アトピー体質の人、敏感な肌の人、超乾燥肌の人も比較的安心して使える保湿クリームです。

アトピスマイルは肌に合うのか?

アトピーが重症化していたら皮膚科で処方されたものを使うことをおススメしますが

重症化から回復して、通常のスキンケアに変わった時のクリームとして「アトピスマイル」は保湿の役割を果たしてくれます。

どんなスキンケアを使っても「イマイチだな…」と感じたら
自分の肌の力を高める必要があります。

単に肌を保護するのではなく
今後、肌トラブルを起こさせない肌環境に整えて
アトピーや敏感肌と上手につきあっていきましょう。

その手伝いをしてくれるのがアトピスマイルです。

肌に合うかどうかは個人差ありますが
重症化から抜け出して通常のスキンケアに戻すなら
アトピスマイル」で自分の肌の力を育ててみませんか?

アトピスマイルは他社商品とココが違う!

  • ライスパワーNo.11配合
  • 肌に必要な成分を増やす
  • 肌細胞が整う

アトピスマイルを使うと
自分の肌の力を高めるように導いてくれます。。

ライスパワーNo.11配合について

日本で唯一「皮膚水分保持能の改善」が認められたものです。

肌内側の基底層までライスパワーNo.11が浸透し
肌に必須な「セラミド」を自ら増やしていくことでバリア機能を高め、外からの刺激に強い肌へと導きます。

国産のお米から作られた成分なので肌にやさしく、
子供からご高齢の方まで幅広く使用できます。

アトピスマイル アトピー

【ライスパワーエキス研究開発元の商品】
アトピスマイルは勇心酒造で作られライスパワーエキス研究開発元です。
コーセー、第一三共製薬をはじめ大手化粧品メーカーにもエキスを提供し、商品化されています。

肌に必要な成分を増やす

肌のうるおいを保つために必要な肌成分は「セラミドなどの細胞間脂質」です。

アトピスマイルを使用することで、バリア機能やうるおい保持に最も必要な成分を増やし、肌の質が向上するように導いてくれます。

肌細胞が整う

肌のうるおいが保たれ、肌の奥(基底層)から表面まで健康な細胞がそろいます。
(※肌トラブルを起こしている時は細胞がそろっていない状態です。)

角質層内のセラミドをはじめとする細胞間脂質が十分に満ちてバリア機能を高めて、皮膚水分保持能を持ちなおします。

よって、内側から水分の蒸発を防いで乾燥しにくい肌へ。
また、外側からアレルゲンの侵入しにくいすこやかな肌環境へと導きます。

アトピスマイル アトピー

以上の3つの段階を経て
バリア機能を高め
皮膚水分保持能を持ちなおし
すこやかでトラブルを繰り返さない肌へとつくりあげていきます。

ステロイドで症状を抑える時期が過ぎたら
次はご自身の肌の力を高めるためのケアをした方が
肌トラブルを起こさない確率がグーンと上がります。

\1回のみお届けのお試しトライアル/
⇒アトピスマイルクリームを体験してみる

アトピスマイルクリームの使い方

保湿したいところにアトピスマイルを塗り広げたあと
優しくなじませていきます。

手・腕・足・かかと…全身に使えます。

【分量の目安】
・2㎝で手のひら約2枚分

★使用上の注意点
・顔に使用する場合は、額・鼻のまわりのTゾーン、皮脂の多い部分は使用量を調整してください。
・皮膚科などに通院されている方は、医師に相談の上ご使用ください。

実際に使っている人たちの口コミ

今回初めて購入!少しの量で伸びベタベタにもならなくて、保湿効果抜群!
息子もこれ良いかもと…リピート確定かな
 
5ヶ月の娘のほっぺが繰り返し赤くなるので購入。
これを塗ったら良くなりました!!
 
息子が調理師で手荒れに悩んでいたので購入してみました。気に入って使っています。
 
お値段の割に、保湿力は普通かなぁ。結局、ワセリンと併用しています。

引用元:楽天市場

⇒公式サイトで口コミを見てみる

アトピスマイルと保湿剤の違い

敏感肌・乾燥肌の人でスキンケア商品が合わない
定期的に肌荒れを起こす方には知ってほしいことは

「アトピスマイル」と「保湿剤」の違いについて。

肌表面を一時的にうるおすだけでは根本的な解決にはならないのです。

アトピー 保湿 セラミド,アトピスマイル

なぜ肌荒れが頻発してしまうのか?というと…

肌の水分量が足りてないからです。

その理由は、角質細胞をつなぎとめるセラミドの量が減り
規則的に並んでいる角質細胞がぐらついて一部がはがれ落ちたようになるためです。

肌荒れやアトピー症状は、このセラミドの量が減少してしまうことにあります。

その点、アトピスマイルの主成分になっている「ライスパワーNo.11」は
肌の奥深くまで浸透し水分を抱え込む能力を引き上げてくれる。

結果、バリア機能を高め外からアレルゲンの侵入しにくい、すこやかな状態へ肌を引き上げてくれます。

一方で、保湿剤だと肌表面だけのケアとなるため、
保湿成分が肌から蒸発するとまたすぐに肌が乾燥してカサカサし肌トラブルを起こす原因につながります。

アトピスマイルと一般的な保湿剤の違いは、”セラミドの生成を助けるかどうかなのです。

\ライスパワーNO.11の保湿力を試してみる/
⇒1回だけのお試し体験「アトピスマイル」はコチラ!

脱ステロイド!アトピスマイルクリーム

肌トラブルやアレルギー皮膚炎の場合、
皮膚科などでは炎症を抑えるために即効性の高いステロイド剤を処方されます。

ステロイド剤とは、過剰になった免疫反応を抑制して炎症を抑える役割があります。

しかし有効であるということは、副作用も強いということ。

ステロイドの恐ろしさ

必要以上に長く使用すると

  • 皮膚が薄くなる
  • 毛細血管が浮き上がって見えるようになる
  • 肌が黒ずむ

など、副作用があるとも言われています。

(いや、実際に悩んでいる人も多い…が、かゆみに勝てずステロイドから抜け出せない人も多くいます。)

アレルギー性の炎症を抑える働きをする”ステロイド”なので
肌そのものを直接変えるものではなく依存性が高い。

そのため一度使い始めると
どの時点でステロイドから抜けれるか?が重要になりますね。

ある程度、かゆみの症状が治まったら
普段使っている無添加で肌にやさしいスキンケアに変えると思います。

その時期に「アトピスマイル」を試してみて欲しい。

アトピスマイルは脱・ステロイド宣言したい!という方に寄り添うノンステロイドの高保湿クリームです。

\1回のみお届けのお試しトライアル/
⇒アトピスマイルクリームを体験してみる

医薬部外品のアトピスマイルは公式サイトで!

アトピー 保湿 セラミド,アトピスマイル

TVでも紹介され、病院向け雑誌でも紹介されているアトピスマイルクリームは、他の塗り薬や化粧品とも相性がいいと評判。

最初にアトピスマイルを塗って、その後に塗り薬やスキンケアをしていくとかゆみや赤みが改善されていくので使いやすい!

一般的な保湿剤とは違って、主成分のライスパワーNo.11が基礎層まで浸透して肌の奥から肌が水分を保つ力を改善させてくれるのでキメの整った肌に戻っていきます。

アトピー 保湿 セラミド,アトピスマイル
  • 無香料・無着色
  • 有効成分ライスパワーNo.11配合
  • ステロイドは使ってません
  • カゼインは使っていません

個人的に使ってみたのですが…
顎のラインの痒みと小鼻のきわ部分が赤くなっていたのでアトピスマイルを塗ったら2日くらいで治りました。
ワセリンでもホホバオイル、ナイトクリームでもダメだったのに…ちょっと驚きましたね!これがライスパワーNo.11成分の水分保持能なのかもしれません。

⇒ アトピスマイル 公式サイト!

コメント

タイトルとURLをコピーしました