牛乳石鹸は肌に悪い!洗顔に使うデメリット

牛乳石鹸 肌に悪い ,牛乳石鹸 肌荒れた 美容

牛乳石鹸余計なものが入っていないため
古い角質汚れや皮脂を洗い流す石鹸としては優秀な商品です。

なので、牛乳石鹸が肌に悪いとは言えません。

肌に悪いのではなくて
「使える人の肌質」「使う部位」に条件がつくだけです。

実際に使って口コミと照らし合わせてみると
牛乳石鹸を使うなら”いくつか条件”があると分かりました。

  • 使ってみたい人
  • 使ったけど肌荒れした人

どちらにも参考になるようにまとめました。

牛乳石鹸を洗顔に使うデメリット

乾燥肌・敏感肌の人が牛乳石鹸を使うと
肌に大切な油分まで取り過ぎてしまうため肌荒れを起こしてしうことが最大のデメリットです。

牛乳石鹸を使う条件として3つあります。

  • 乾燥肌・敏感肌の人は使わない方がいい
  • 使うなら「赤箱」から試してください
  • 洗顔後はしっかり保湿をしてください

3つの条件を守って使用すれば、
デメリットである”肌荒れ”を気にせず、安心して使えます。

肌荒れには2パターンある

肌荒れ=肌に悪い

と思われがちなのですが、2パターン考えられます。

1.製品が合わなくて肌荒れする場合
2.肌が乾燥しすぎてバリア機能を失った場合

どちらもひとくくりで肌荒れしたと言われてしまうけど…

原因1の場合は、牛乳石鹸が本当に肌に合わない
原因2の場合は、保湿すれば問題なく使える

牛乳石鹸は肌に悪いわけではなく、肌質によって使えない場合もあるということですね。

この世には、100人使って100人が”良い”という製品はありません。
肌質によってケアの仕方を変える必要があります。

【実際、青箱と赤箱の両方を試した結果】
青箱は乾燥しすぎて顔に使えないくらい肌荒れしちゃったけど
赤箱は今でも洗顔に使えています。
↓ココポイント↓
洗顔した時は、化粧水の重ね塗り&保湿クリーム多めに使うことで問題なく使えました。

牛乳石鹸をトラブルなく使う”条件”

「ボディーソープ」と「洗顔」として使う場合で違いがあるのでそれぞれお話していきます。

ボディソープとして使う場合

超敏感肌でない限りトラブルなく使えます。
もし不安な場合は、1個使ってみて肌に合うかどうか試してみてください。

また、使ってみて肌が乾燥する!と思ったら、
さっぱり仕上げの青箱より、しっとり仕上げの『赤箱』をおすすめします。

青箱ではちょっと…という人も『赤箱ならOKだった』という経験者はとても多く、超乾燥肌で敏感肌の私も赤箱だと問題なく使えました。

洗顔として使う場合

全ての人に当てはまるわけではありませんが
調査すると3つの条件がありました。

  1. ニキビに悩む人
  2. 脂性肌タイプの人(普通肌も大丈夫な人が多い)
  3. 洗顔後は化粧水、乳液、クリームとたっぷり保湿できる人

条件をまとめると、乾燥肌の人には向かない場合があるということです。

ただし、乾燥肌の人は「しっとりタイプの赤箱」なら使える人も多い。
なぜなら、うるおいをキープする「スクワラン」が配合されているから。

牛乳石鹸が多くの人に指示される理由は
石ケン素地意外に余計なものが入っていない分、ヒリヒリ、肌荒れする確率が低くなるので安心して使えるからです。

牛乳石鹸で肌荒れする理由

特に肌荒れしやすいのは青箱の”さっぱりタイプ”です。
乾燥肌なら特に注意ください。

「THE 石鹸」ということもあり汚れや油分をキレイに取り除いてくれるのが牛乳石鹸です。

  • ニキビ肌で悩んでいる
  • 脂性の肌質タイプ

の人には、コスパも最強なので救世主になります。

一方で、乾燥肌の人にとっては苦行です。

乾燥肌にとって貴重な皮脂までキレイに洗い流してくれるため
必要な潤いまで根こそぎ持っていかれます。

牛乳石鹸で洗顔した後に、化粧水や乳液・クリームを多めに使って保湿しても肌が潤わない…なんてこともあります。

(※実際に超乾燥肌の私は乾燥し過ぎて肌荒れした経験済みです)

ガサガサ、かゆみ、赤み、皮むけ…と
最悪な肌になるので乾燥肌の洗顔には向かない石鹸と言ってもいいでしょう。

(※赤箱なら使えるという人は多いので試してみてくださいね。)

逆に向いている人は、脂性肌の人やニキビに悩む人たちです。

  • コスパいいし
  • 無駄な成分が入っていない
  • 洗浄力もある

だから、@コスメの口コミランキングで長年上位に君臨してるのです。

【注意喚起】
ご自身の肌質を考えず、コスパだけで牛乳石鹸を使うのは危険なのでご注意ください。

乾燥肌の人に牛乳石鹸はデメリットしかないのか?

乾燥肌だったら「青箱」は避けてくださいとお伝えしてきました。

実際に、私も青箱の牛乳石鹸でツライ肌荒れ生活を送ったので避けています。

しかしスクワラン配合の「赤箱」なら、どうにか肌荒れせずに使えます。

確かに、赤箱も洗いあがりはツッパリ感があります。
でも、さっぱり感もあって肌表面がツルンとして洗顔後の肌触りが滑らかになります。

不思議に思って口コミで調べたところ

「赤箱」で洗顔してつっぱり感があっても
その後のスキンケアで肌を保湿して潤せるから問題なかった

っという人が多かったのです。

同じ牛乳石鹸なのに「青箱」と「赤箱」
どんな違いがあるんだろう?
っと思い調べてみました。

牛乳石鹸の「青箱」と「赤箱」の違い

なんと、赤箱には「スクワラン」という成分が配合されていたのです。

牛乳石鹸 肌に悪い ,牛乳石鹸 肌荒れた

「青箱」と「赤箱」の違いはスクワランという成分が”配合されているかどうかの違い”でした。

スクワランって何?

天然由来の保湿成分です。

もともと人間の肌の中にも存在するもので
30代頃から急激に減少していきます。

なので、意識してスクワランを補給してうるおいをキープする必要があります。

赤箱には「スクワラン」が入っているので
入ってない青箱と使い比べると
肌に優しく潤いを与えてくれるため

「スクワラン」が配合されているか否かの違いは
乾燥肌にとって重要なポイントなのです!

赤箱→放置すると乾燥するけど保湿すればOK
青箱→瞬間から乾燥し始めるため保湿多めじゃないと潤わない

スクワランが配合されているか否かで
肌への影響も変わってくるので
乾燥肌の方にはスクワラン入りの「赤箱」をおススメします。

牛乳石鹸を使った人の口コミ

牛乳石鹸を使ってどんな感想があるのか口コミで分かることがたくさんあるので参考にしてください。
乾燥肌さんの感想を抜粋したものです。

牛乳石鹸(青箱)の口コミ

  • これで洗顔すると突っ張ったように乾燥するので私のお肌には合わないようです
  • 皮脂もしっかり落ちないですし、毛穴汚れとかそういったところへの効果もなかった
  • 恐ろしく肌荒れしました…次は赤箱にしようかな…口コミいいし…でも怖いな~
  • 一ヵ月使ってみた結果顔、全体にニキビが出来てしまい肌も荒れちゃいました
  • 以前一度洗顔に使用しましたが、乾燥がひどくすぐに辞めてしまいました。
  • 油分取りすぎちゃってお肌ガサガサーーという感じ
  • 泡立ちも香りも好きだけど、洗浄力高すぎ。
  • 使用すると必ず吹き出物が出来てしまいます。毛穴への効果は確かなので合う方には最高の商品。
  • 洗顔に使うと、頬のあたりがかさかさになってきました

引用元:@コスメ

青箱の口コミから分かること

洗顔として”汚れを落とす”という点では優れています。

青箱は石鹸素地がメインで、肌を潤す成分のコラーゲンやスクワランは入っていない。
そのため、しっとり感には欠けています。
乾燥肌だとツッパリ感の方が勝ってしまう。

肌質に合う人が使うとコスパの良い優秀な石鹸です。

<結論>
乾燥肌の人は洗顔としての使用は避けた方がよさそう。
ボディ用としても使えますがその後の保湿を十分に行う必要があります

牛乳石鹸(赤箱)の口コミ

  • しっとりしていて、洗い心地がよいです
  • 肌トラブルが少なくこれたのはこの石鹸のおかげだと思ってます
  • 無添加石鹸ではどうしても乾燥してしまいこちらに移行しました
  • 顔はつっぱりすぎて使えない。肌質にあってないのかも…
  • クリーミーな泡立ちで顔に使っても負担がなくつっぱったりもせず使用感は良かった
  • やはり石鹸なのでしっとりはさほどしません
  • メイクは問題なく落ちますし、洗顔後の顔はくすみが抜けて明るくなっています
  • 私には、少しつっぱるのを感じてしまいました
  • 乾燥肌ですが洗い上がりのつっぱり感もなくちょうど良いしっとり感

引用元:@コスメ

赤箱の口コミから分かること

青箱よりもツッパリ感がなく使用できる感じです。
ただ、一部ではツッパリを感じ洗顔に使うのは難しい人もいます。

「今は、様々な洗顔が発売されて肌をうるおす成分がたくさん配合されていますが、洗顔とは本来汚れを落とすもの
洗顔は石鹸にまかせて、肌の保湿は化粧水、美容液、乳液、クリームのスキンケアを丁寧に行えばしっとりした肌を保てる。」

と美容家さんが言っていました。

<結論>
乾燥肌で牛乳石鹸を洗顔として使う場合は「赤箱」から試してみる。

「洗顔”石けん”」には

乾燥させやすいモノ
乾燥させにくいモノがあります。

牛乳石鹸は石けん素地で構成された”純石けん”に分類されるため、”乾燥させやすいモノ”と覚えておいた方が良いです。
「弱アルカリ性」という”石けん”本来の力(汚れを落とす)は期待できるのですが、乾燥肌や敏感肌にとっては、ちょっと刺激が強い印象です。

もし、肌荒れが気になるならスキンケアは保湿力の高いもの、肌に優しいものをおすすめします。

牛乳石鹸と相性がいいスキンケア商品

乾燥肌のツッパリや粉吹き、ガサガサには、お肌のセラミド不足が原因です。

年齢とともにセラミドは減り続けるので水分をため込む力も低下していきます。

そんな肌のうるおいを保つ力「水分保持能」を良くしてくれるのが『ライスパワーNO.11

これは、肌のセラミドを増やす日本で唯一の有効成分です。

造り酒屋に古くから伝わる発酵技術を応用したもので
たっぷり水分をためこんで、乾燥肌に悩まないふっくらもちもち肌へ底上げしてくれます。

その有効成分ライスパワーNO.11を配合した『米肌』を1,572円(税込・送料無料)でお試しできます。

保湿力あって健やかな肌に導いてくれるスキンケア
「米肌」を紹介しておきます♪
↓↓↓
米肌 14日間お試しセット

【体験談】青箱と赤箱の両方を使って分かったこと

実際に牛乳石鹸を使ってみました。

最初に使ったのは青箱で、肌荒れして大変でした。
その後、赤箱の存在を知って使い始めたら肌が落ち着きました。

牛乳石鹸の青箱を洗顔で使ってみると肌が最悪な状態になったので、含めて体験談をお伝えしていきます。

牛乳石鹸「青箱」を洗顔に使った結果が悲惨

  • 皮がむける
  • 肌がめちゃくちゃ乾燥する
  • どんなに保湿しても治らない
  • 肌がガサガサになる

結果、肌荒れして元に戻すまで2週間くらいかかりました。

こうなると洗顔には使えないことが分ったのでボディ用になりました。
そして二度と青箱を使うことはありません。

牛乳石鹸「赤箱」は洗顔に使えた

「肌のツッパリはあるけど保湿すれば大丈夫

青箱を使った時との違いは、皮むけやかゆみがでなかったこと。
必要以上に乾燥しないから洗顔としても使えそう。

ただし、洗顔後の放置は禁物!
すぐにしっかり保湿をすることがポイントとなります。

赤箱なら洗顔に使っても保湿さえすれば肌荒れすることはありませんでした。

牛乳石鹸「青箱」と「赤箱」を洗顔で使うならどっち?

牛乳石鹸 肌に悪い ,牛乳石鹸 肌荒れた
  • 乾燥肌・敏感肌の方⇒「赤箱」
  • 脂性肌・混合肌の方⇒「青箱」

青箱と赤箱の違いは「スクワランが入っているかどうか」です。
この成分が入っているかどうかで肌の仕上がりが変わったということになります。

スクワラン入りの赤箱で洗顔しても肌荒れした…
乾燥がひどくなるから使えない…

という場合は、使用を中断してください。

牛乳石鹸は本当にコスパがいいのか?

牛乳石鹸は、
1個につき100円前後でお金を出しやすいし、ドラッグストアにも置いてあるため入手しやすい。

また、肌に合わなくてもボディソープ用として使えるし箱買いして余った牛乳石鹸はタンスの中に忍ばせて防虫代わりにすることもできる。

洗顔石けんとしてだけでなく、ボディ用、防虫剤代わり…など使い方が様々あるのでコスパ最強と認定しました。(個人的見解)


牛乳石鹸でお肌を清潔に保った後の乾燥した肌に
肌のうるおいを保つ力をよくする「ライスパワーNO.11」配合の『米肌』は相性がいい♪

どんなに肌質が変わるのか自分で試してみたい人のために『14日間のお試しセット』があります。

保湿力あって健やかな肌に導いてくれるスキンケア
「米肌」を紹介しておきます♪
↓↓↓
米肌 14日間お試しセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました